サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

【OP】集英社コミックセット 30%OFFクーポン(~4/23)

電子書籍

暗殺者の反撃 みんなのレビュー

  • マーク・グリーニー, 伏見 威蕃
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

暗殺者の反撃 下

紙の本暗殺者の反撃 下

2017/05/24 08:56

様々な登場人物達が、時と場合によって敵となり、味方となる、複雑な諜報戦の世界の複雑さも魅力。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

追撃戦の迫力はもとより、今回は重厚な諜報戦の世界の裏事情も魅力でした。「目撃しだい射殺」指令の理由を知るためにアメリカに戻って来たグレイマン。着の身着のままのグレイマンは、まず金と武器の調達から開始する。初めは意外と地味な諜報活動の下準備だが、中盤辺りからは期待通りの活劇の展開。そして遂に明かされる「目撃しだい射殺」指令の理由は、ジョン・ル・カレ並みの諜報世界の謎に満ちている。様々な登場人物達が、時と場合によって敵となり、味方となる、複雑な諜報戦の世界の複雑さも魅力。
<エピローグ>
 さてこれでグレイマンに対する「目撃しだい射殺」指令は解除かというと、そう簡単ではない。国際的諜報活動の根幹に関わる情報が含まれるため、事実を公表できない部分が多々あるためらしい。ということで、グレイマンは秘密裡に保護されつつも存在しない人物のような立場らしい。替わりに、マシュー(マット)・ハンリー直属で秘密の暗殺仕事に「2年」を限度に協力することになる。ということで、これまでの「逃げる」側でのシリーズから、一転して「狩る」側としての新グレイマンが始まるらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗殺者の反撃 上

紙の本暗殺者の反撃 上

2017/05/24 08:54

追撃戦の迫力はもとより、今回は重厚な諜報戦の世界の裏事情も魅力でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

追撃戦の迫力はもとより、今回は重厚な諜報戦の世界の裏事情も魅力でした。「目撃しだい射殺」指令の理由を知るためにアメリカに戻って来たグレイマン。着の身着のままのグレイマンは、まず金と武器の調達から開始する。初めは意外と地味な諜報活動の下準備だが、中盤辺りからは期待通りの活劇の展開。そして遂に明かされる「目撃しだい射殺」指令の理由は、ジョン・ル・カレ並みの諜報世界の謎に満ちている。様々な登場人物達が、時と場合によって敵となり、味方となる、複雑な諜報戦の世界の複雑さも魅力。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗殺者の反撃 下

紙の本暗殺者の反撃 下

2016/10/25 07:46

一気読み間違いなし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:グレイマン ジュニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

暗殺者シリーズのいよいよ今まで隠されていた謎が明らかにされます。派手なアクションシーンの連続に、活字から目が離せません。一気読み間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗殺者の反撃 上

紙の本暗殺者の反撃 上

2016/08/09 18:42

主人公がもっと強くてもいいかも

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

敵役のCIAのボスが本当にいそうな嫌な奴でいい味出している。街の中に溶け込むグレイマンの描写は面白い。今回も大怪我したりで危機感を出しているが、映画『イコライザー』みたいにもっと完璧に強いやつに描いても面白いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗殺者の反撃 下

紙の本暗殺者の反撃 下

2016/08/09 18:38

アメコミのヒーローみたい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

グレイマンが追われることになった過去の事件を随分引っ張ったが、なかなか深い事件でよかった。最終的にグレイマンがアメコミヒーローみたいになるオチはびっくりしたが、続編作らないなら、ラストとしてはいいかも。映画化しても面白いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

暗殺者の反撃 下

電子書籍暗殺者の反撃 下

2016/08/13 10:18

相手を殺さない縛りプレイがやや不自然

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マル神保 - この投稿者のレビュー一覧を見る

CIAに抹殺対象として追われているグレイマンことコートジェントリーが、ついに反撃を決意してアメリカに帰国します。彼を追うのは、これまでのような犯罪者や悪党に雇われた傭兵ではなくて、一般の警官たち。
ということで、絶体絶命の危機に陥りながらも、相手を殺さずに切り抜けなければならない。トラップも、相手を殺さないように仕掛ける。
ヒーローゆえの不自然なまでの縛りプレイが若干気になりますが、面白さはいつも通り。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗殺者の反撃 下

紙の本暗殺者の反撃 下

2016/12/05 21:33

楽しめる、けど…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KOUME - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一作はスーパーな人だったけど、第五作になるとスーパーマンになったみたい。流石に米国舞台だと日本人の私には現実感が薄れるのだが、アメリカ人はそんなもんかなと受け入れるのだろうか?それはそれで怖いと思うが…楽しめます。でも次作はどう展開するのだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示