サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

ザ・テラー 極北の恐怖 みんなのレビュー

  • ダン・シモンズ, 嶋田洋一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ザ・テラー 極北の恐怖 上

極限状態でのドラマ

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダン・シモンズという凄いSF作家がいます。それは間違いありません。
で、書評家か、作家の方のどなたかが仰っていたのですが、
「ダン・シモンズは、SFでない普通の小説書いても面白いの判っているから、、」
私もこれは納得。だけど、そうでもないんですね、、。
 「ダーウィンの剃刀」や「諜報指揮官ヘミングウェイ」を読んだけど、
勿論、翻訳エンタとして水準の作品ではありますが、あの超弩級の面白さだった
SF作品たちに比べるとどこか劣る感じ、燃えきらない感じがしました。
(特に、「諜報指揮官ヘミングウェイ」は、プロットだけ聞いて期待していただけに
 失望感いっぱいでした。もっと面白くなったはず、いや、面白く出来たはず!!)
ただ、上記の発言も遠からず、当たりなのは確か。
ダン・シモンズは、SFの作品でも、所謂、SF的面白さというよりは、
(勿論SF的面白さも十二分にあるのですが、)スリルというより
冒険小説的面白さを全面に出した作家です。SFはガジェットに過ぎないときすらあります。

 で、本書です。
シモンズが、SFでなく、普通の小説をしかも、どっちかというと「諜報指揮官ヘミ、、」
のような、冒険小説チックな小説を書いたと聞いて
期待半分、心配半分、読みたさいっぱいみたいな感じでしたが、、、、。

凄い!!。
 最初に書きますが、傑作です。

 時代は、19世紀の中ごろ。英国海軍が、
大西洋から北周りで太平洋に抜ける北西航路を発見するため北極圏に探検隊をおくりこみます。
しかし、探検隊は、二隻の船ごと極北の氷に二年半もの間(事実上三年)閉じ込められてしまいます。
極限状態での生存が続く中、白い巨大な生き物まで彼らを襲います。
そして、喋ることのできない謎のイヌイットの女性。
石炭と食料のデッドラインが近づくなか、彼らは、、、、。
というプロット。

 大遭難に終わった実際の探検隊を題材にシモンズが、エンタメ小説に書き上げました。
白い巨大な生き物が襲ってくるというので、シモンズってこういう人間より大きななにかに
襲われるって好きだなぁって読んでいたのですが、これも私のシモンズに対する
知識の浅さからくる浅学な当て推量でした。
この白い巨大な生き物も最後凄いことになります。
 次に極点について書きたいのですが、SF作品には、よく北極や南極の極点が出てきます。
(エヴァにも出てきましたね、、。)
これは、極地というのが、地球上にあって一番地球的でないところです。
別世界といってもいいでしょう。
あるのは、酸素ぐらいで、、、といっても過言ではありません。
 あの戦場での取材も経験した宮嶋カメラマンが今まで一番辛かった撮影はどこですかの質問に対して
一瞬の躊躇もなく南極と答えていたぐらいです。
 そうなのです。本書は、ごくごく簡単に言えば、極限状態でのドラマなのです。
前半は、ハードにハードにこの極限状態を描き、そしてこのハードな展開を貫いた向こうに
後半、巻末の解説にも書いてあったので別にいいと思うのですが、
ハードさを突き抜けて、イヌイットの神話の世界に入ります。
 最初は、このハードな展開なのに、このままハードなまま書いて欲しいと思っていたのですが、
これが、良い!!。ある意味、この神話による解釈によって、この作品は、文学的にも、文芸的にも、物語としても
ぐーっと話しが広がり、普遍性、なんかが出ています。
白い巨大な生き物も、そうだし、再三描かれた、艦長のクロウジャーの夢もこう繋がってくるとは、、、。

 兎に角、圧倒されました。本音をいうと、ジャンルわけが難しい本ですが、
兎に角、傑作です。冒険小説ファンは、読むべしです。
"シモンズの非SF小説は、面白くない”を撤回したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ザ・テラー 極北の恐怖 上

かなり事実に基づいた話だとは思うんです。でも、信じられないんです。19世紀に缶詰があったとか、少ない食べ物でここまで生きることができるのか、とか。それと人間の薄汚さ・・・

14人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今時、シモンズの作品を最初から文庫で出す?そんな驚きで出版ニュースを見ました。で、AMAZON を早速チェック。まず Paperback: 784 pages Publisher: Back Bay Books; Reprint edition (December 10, 2007) ろあります。で、最後に Hardcover edition とあるので、そちらを調べると Hardcover: 784 pages Publisher: Little, Brown and Company (January 8, 2007) となっています。埋もれていた旧作を発見して出したのではないらしい。おお・・・

早速、ブックデザインというかカバーイラストなんですが、Amazonを見る限り原書のほうが邦訳より上かな、なんて思います。なんていうか静寂さが向こうからは伝わってくるのに、日本版は映画『南極物語 リメイク版』のポスターみたいなんです。悪くはないけれど、格が違うっていうか。そんなカバーイラストは西口司郎、カバーデザインはハヤカワ・デザイン。

で、読めばなんとなく日本で最初から文庫になってしまった理由が分る気がします。シモンズといえばホラー作家、という売り方をされて、それが『ハイペリオン』で大物SF作家と位置付けられ、『オッカムの剃刀』でハードボイルドも書ける、となった人です。要するにSFかミステリであればハードカバー、ホラーだから文庫。違うかもしれませんが、多分、あってると思います。

ホラー、っていうのが正しいかどうか。個人的には昔懐かしい海洋冒険譚というほうが正しいでしょう。「何が出るか、何が出るか」って期待すると肩透かしを食うことになります。むしろ、150年以上前の極北の航海というものがいかなるものであったか、その時代に遭難するということがどれほど苦しいものであったか、想像を絶する困難を読むべき小説でしょう。

作中に同行したグッドサーという軍医が登場しますが、彼の記録によれば、1845年のデンマーク捕鯨基地で英国艦〈エレバス〉に積まれたのは一万ケースの保存肉、茹でたり焼いたりした羊肉・子牛肉、ジャガイモ、ニンジン、サトウニンジンなどの野菜とミックスベジタブ、様々なスープの缶詰、9450ポンドのチョコレート、9300ポンドのレモン・ジュースや散弾銃、マスケット銃、銃弾、火薬、モルヒネ、様々な種類のボートとあります。

二隻に乗るのが129人ですから、大雑把に言えばこれで70人が5年くらい船旅をすることができたらしい。といっても、その量について全く想像することができません。おまけに缶詰?その時代に?しかも肉や野菜のそれ、となると時代感覚すらおかしくなります。そして遭難後の彼らの食事ときたら。思わずホント?っていいたくなるようなものです。

シモンズの『ハイペリオン』を20世紀SFの傑作と絶賛し、探検のドキュメントを読むのが大好きなシーナさんはどう評価するのでしょうか。きっとどこかで書いているとは思いますが気になります。話の内容は、最後にして登場人物を紹介しておきましょう。

フランシス・ロードン・モイラ・クロージャー:〈テラー〉艦長。探検隊長。53歳で子供をもうけることになる男。考えは堅実で、固いが洞察力は隊の中で一番ある。1843年の時、46歳という記述がある。

ジョン・アーヴィング:同三等海尉。密かにレディ・サイレンスに想いを寄せる若者。

コーネリアス・ヒッキー:不満だらけの同填隙員。悪魔のような男、とはこういう男をいう。反乱を起こすことを躊躇わない。

トーマス・ジョプソン:同艦長付き給仕62歳なのに、周囲の好意で26歳と書類に記載され、今回の探検のメンバーに選ばれる。ホモだが、海上では節度を守る人格者。

レディ・サイレンス:年齢不詳のエスキモーの娘。舌を切り取られているため話ができない。1847年当時、15~20歳とみられていた。

ジェームズ・フィッツジェームズ:〈エレバス〉艦長

ハリー・D・S・グッドサー:同軍医。博物学者になりたいと思っている。日記をこまめにつけ、今回の事件についても公平な目で記録をつけている。ジョプソンに似た人格者。

サー・ジョン・フランクリン:同元艦長。元探検隊長。1828年に36歳。

内容はカバー後の分を引用させてもらいます。上巻は29章で、

大西洋から北まわりで太平洋に抜
ける北西航路。その最後の部分を
発見すべく、1845年5月、探検隊
長のサー・ジョン・フランクリン
率いる二隻の英国艦〈エレバス〉
と〈テラー〉は出航した。だが、
当初は順調だったものの、翌年9
月には北米大陸の北で完全に氷に
閉ざされ、身動きできなくなって
しまう。想像を絶する寒さの中、
生き延びる道を探るフランクリン
たちの前にやがて巨大な白い怪物
が現われ、激烈な闘いが始まる。

下巻は30章~67章で

怪物との戦いで死亡したフランク
リンのあとを継ぎ、〈テラー〉のク
ロウジャー艦長が探検隊長になっ
た。氷はいっこうに解けず、彼は
艦を出る決断を下す。徒歩で氷原
を北米大陸まで進む計画だった。
だが、行く手には巨大な怪物が。
しかも缶詰が傷んでいたため中毒
者が続出し、飢えに苦しめられる。
さらに腹黒い一派が叛乱を企てよ
うとしていた。極北の地に展開す
る壮絶なサバイバル――史実に基
づいて描いた冒険ホラー超大作。

となっています。繰り返しますが、ホラーではなく海洋冒険譚としてお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示