サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

銀河の荒鷲シーフォート みんなのレビュー

  • デイヴィッド・ファインタック, 野田昌宏
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

襲撃!異星からの侵入者 上

あいかわらず波乱万丈でスリルにみち、シリーズ6巻の中で一番面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作「ギャラクティックの攻防」では、批判的な書評を書いた。久しぶりにシリーズ6巻目を読んで、あらためて面白いと思った。
 主人公は世代交代しており、シーフォートより新登場の少年が中心である。その少年の成長物語である。純粋ではあるが、思慮の足りない頑な若者が、いろいろな試練をのり越えて成長していく。父親と息子の関係、葛藤もテーマである。英国のパブリックスクールや海軍士官学校の伝統を踏まえた教育方法が、背景にあるのだろうが、幾分違和感がある。日本人には馴染めない。アングロサクソンの思い上りや傲慢さが感じられる。自分だけが正義であり他者より優れているから、他者を指導する立場にあり、他者は自分より劣っているのだから、指導される立場にあるという、いやみが感じられる。
 しかしながら、あいかわらず波乱万丈でスリルもある。SFとはいっても、成長と親子関係のような普遍的なテーマが取上げられているのと、活劇との組合わせが、人気の秘訣であろうか。異生物とのコミュニケーションの確立と政治・軍事における権力闘争とが、組み合わされている。シリーズ6巻の中で一番面白いように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

激闘ホープ・ネーション! 上

危機の連続、前二作より更に面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「銀河の荒鷲シーフォート」シリーズの第3弾である。前二作とはやや異なる状況設定である。
前二作は主に危機に陥った宇宙船の中が 主舞台であったが、今回は植民地惑星の地上における活躍がメインである。相変わらず主人公は対人関係で色々問題を起こすが、強き一点張りの態度が、植民地の独立運動、金魚と呼ばれる無気味な宇宙生物の侵略、の危機を解決していく過程で、周囲に受け入れられていく。ストーリ展開、人物描写、等良く構成されている。次々と起こる危機をどう解決していくか、前二作も面白かったが、この三作目は更に面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大いなる旅立ち 上

大いなる旅立ち 上

2003/02/23 20:12

シリーズ全部をまとめて衝動買い、面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最初は何でこんな本を買ってしまったのかと、悔やんでしまった。士官候補生へのしごきの細々した描写や、たびたびでてくる宇宙軍艦内の晩餐の席での統一協会だかなんだかの祈りの言葉が、気に障った。しかし、まもなく子供の頃冒険小説を読んでいた時の様に、次にどんな展開の話がでてくるかと期待し、ワクワクする気分になってきた。運命の巡り合わせで苛酷な責任を持たされて、困難に立ち向かいそれを乗り越えていく、宇宙軍の若武者の成長物語と言う、定番の話である。ストーリ展開、人物描写、あらゆる点で、ハインラインの同様の作品より、遥かに良くできている。第二作目以降もますます面白くなるとの、翻訳者のあとがきもある。大いに期待できると思う。
 このシリーズの残り5巻(各巻上下2冊)をまとめて衝動買いしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

決戦!太陽系戦域 下

決戦!太陽系戦域 下

2000/10/06 08:37

我が道を行く

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緋色唯 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宇宙軍時代のシーフォートの活躍を描いた四部作の最終巻である。
 本作では、いよいよシーフォートが傍目には狂ったとしか思えないような行動を取る。結果もその行動に相応しいもので、壮絶としか言えないラストを迎える。
 これまでシーフォートの辿った道は、傍目にはとても幸せとは言えないものだし、本人も自らを責め苛み続けるだろう。
 しかし、いま道の終点に立ち、その辿った道を振り返ったとき、数々の後悔や過ちの記憶を見ながらも、満足した気持ちも感じたのではないだろうか。
 なぜならシーフォートは、自らの信念に従って道を歩くこと、「我が道を行く」ことができたからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

決戦!太陽系戦域 上

決戦!太陽系戦域 上

2000/10/04 03:43

「彼は何故に怒りしか?」「神と誓いだけがご存知だ」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カイル - この投稿者のレビュー一覧を見る

 このシリーズ、読む度に頭を捻る。『銀河の荒鷲』なんて出てきたっけ?と。今作では士官学校長に着任のシーフォート宙佐、はたから見る限りキャリアは順調、英雄街道まっしぐらの彼だが『癇癪』はいぜんとして健在。最初からハイペースで怒鳴りまくる。怒っては「また…」と自己嫌悪に陥り、4作目になるが一向に悟る気配はない。ページを蹂躙する罵声、罰点にいい加減クラクラしてきた頃、我々はシーフォートの宇宙の中だ。彼が何故に怒れるのか?その理由を理解したとき、我々は誓いと義務に真摯に向き合うカッチョイイ宇宙の男の物語を見出すのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

決戦!太陽系戦域 上

決戦!太陽系戦域 上

2003/02/23 20:35

熱心なフアンがいる理由が分かる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「銀河の荒鷲シーフォート」シリーズの第4弾である。士官学校長としての日常と、士官学校生徒と時代の生活とを、交互に描写していく。このフラッシュバック手法が、主人公の人間性と生徒への想いを際立たせ、士官学校生徒を指揮して金魚と呼ばれる無気味な宇宙生物の侵略と凄絶な戦いを行うクライマックスを盛り上げる。
 第二弾を読んだ時、同じようなパターンが繰り返されるのかと懸念したが、第三、四作を読み終わって、ホームページを立ち上げたり、日英語の二言語でこのシリーズを読んだりする、熱心なファンがいる理由がわかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

チャレンジャーの死闘 上

主人公のような人物と付き合いたいとは思わないが、いつのまにか惹きつけられ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「大いなる旅立ち」に続く「銀河の荒鷲シーフォート」シリーズの第2弾である。
 頑固な性格、宙軍階級性に基づく権威主義、と要員不足による志願兵の徴募、反乱兵に対する強面一辺倒の交渉、等々、主人公の行動パターンは第1作と全く同じである。そのうえ、今回の状況設定は前作より更に苛酷である。主人公の行動は更に先鋭化する。こんな人物と付き合いたいとは思わない。そんな思いで読んでいると、それらの困難にどう対応し、どう解決していくか、いつのまにか惹きつけられ、興味津々で読んでいることに気づく。
 登場人物もパターン化されているようなところがあるが、人と人との関わり合は良く書けていると思う。奇妙な宇宙生物の謎も今後どう展開していくか、興味をそそるところである。
 読み始めた時はともかく、読後は面白いの一言であり、続編もすぐ読みたくなる。
「銀河の荒鷲シーフォート」に関するインターネットのホームページも見つけた。熱烈なファンが大勢いるものである。熟年の私には、そこに書かれている程この作品にのめり込める若い人を羨ましいとも思う。ホームページの存在は、このシリーズの面白さを保証するものといえよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大いなる旅立ち 上

大いなる旅立ち 上

2002/06/26 17:21

SF好きなら、買って絶対に損はしない!でも…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sinomiya - この投稿者のレビュー一覧を見る

はっきり言って、この本を上下で買いそろえて、絶対に損はしません。
もちろん、しかも上下巻ということで読むのに時間はかかるでしょう。そして、どうしてこんなに一日は短いのだろうかと、後悔するでしょう。しかし、それはこの厚みのせいではなく、この本があまりにも魅力的であるせいであると思います。
先が気になって仕方ないのです。片手間に読むのは危険を伴います(対人関係的とかに…)。一人でじっくりと読んでください。
この、良い涙を流せる、心が熱くなる物語は是非お勧めです。
シリーズも、つづけて2・3部までは、まとめて買って良いと思います。

しかし、主人公ニッキー・シーフォートは少年とはいえ宇宙海軍の軍人であり、そのネイビーオール(爪の先まで海軍軍規とそれに相応した誇りに染め上げる)のしごきっぷりには古き良き米国海軍の物語のそれらを思わせて、ちょっと苦笑も禁じ得ないものがあります(作者さんはナポレオン戦記のフリークらしいです)。
それもこれも航行の規律と秩序のためだとはいえ、17歳の少年にはこの物語上の事件はあまりにも過酷な試練であり、少年だからこその頑迷さ(?)で、結局は困難を切り抜けていくのではあるのですが、現代日本人としては、やはりその軍人気質や、英国的なしごきに違和感は拭えません。

しかし、そんなしかめつらしいことを言いながら、ぐいぐいと引き込まれるのは、そのヒロイズムと、案外ともろい少年ニックの内面と、その周りを固めるニックによって成長していく、また高め合う、同僚のやはり少年達との友情と交流に、暖かさと真摯さがあるからです、本当に思わず目頭が熱くなります。

精神論や規範による規律になじみある真面目な日本人読者には、キャッチーな(?)お話であると思います。

一方、この表紙のせいなのか、何故か女性に人気のある物語のようなのですが、疑問に思っている最中、友人の一言でその心理の回答を得ました…そうか、読みようによっては、真摯な熱い少年達の物語って、萌えられる一因になんだ…。(汗)

もちろん、そんな邪じゃない人にも是非お勧めです。
いや本当に、熱い感動の物語なんですっ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大いなる旅立ち 上

大いなる旅立ち 上

2001/10/15 13:08

次々と襲ってくる波乱に立ち向かう少年の成長を描いた物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木更宜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 急成長していく漢の生き様! 愛と憎しみ、そして友情。
 年令設定の低さと偶発性の高さは、やや安直な印象も受けるが、最初から物語に入りこみ安さと身近さがあり、気づくと物語に持っていかれてしまう。軽快で疾風感のある読み物だが、物語の根幹が(或いはキャラクターが)かなりしっかりしているからこそ、読み応えも充分。
 小説は主人公(シーフォート)の一人称で進みます。その分、読み手は気が付くと彼の大変危なげな情況に、一緒にハラハラさせられていくようになります。最初は世界観が取っつきにくい所もあるのですが、一度物語に入り込めばそれすらが作者の仕掛けになります。
 きっと貴方も途方もなく主人公に科せられた試練に、その乗り越える様に引き込まれていく事でしょう。そしてこの物語の見所は、主人公ではなく、更に彼を支える仲間達の存在にあります。主人公よりも実は彼らの方が共感を抱きやすい気もします。

 ヒーローとなるには功績が必要だ。彼は過酷な情況を過ごすうちに、いくつもの実績を積んで、新たなる宇宙の英雄に育っていく。その過程を描いたこの作品。
 責任を負う人間の苦労と悲哀、孤独。そして喜びを貴方も彼と一緒に味わってください。
 そしてこの本は是非、下巻をそろえてお読み下さい。そうでないと確実に「続きが欲しい!」とのたうつ事になるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ギャラクティックの攻防 下

大司教の希望

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: 青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シーフォートシリーズ第6段! 原題は"Patriarch's Hope"、『大司教の希望』だそうです。
 彼はついに、それまで信じてきたただ二つのものさえ失ってしまいます(それが何かは……本編をどうぞ)。
 これまでどおり、ニックの痛快で意表をつく作戦や、大切な人やものを失ってしまうという悲劇の連続などなど見所たっぷり!
 彼はまたしても自らに課した厳しい倫理と任務にはさまれて苦悩しますが、唯一のキリスト教の神を信じていない私などには理解しがたい部分もあります。もし私が彼の立場に立っていたらどうするだろう……と思いつつ読んでいます。
 信念か任務か、どちらか一つでも妥協すれば静かな余生が送れるのに、自ら自分を苦境に追いやるシーフォート。
 でもそのマゾヒスティックなところがおもしろいのでしょうね。
 ニック・シーフォートのSMストーリー第6段!(笑) 過去最強のS、エドガー・トリヴァー再登場です!!(笑) 乞うご期待!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

突入!炎の叛乱地帯 上

突入!炎の叛乱地帯 上

2003/06/01 12:44

少年少女向けの内容であるが、それなりの面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「銀河の荒鷲シーフォート」シリーズの第4弾である。銀河とあるが、宇宙での活躍場面は殆ど無く、今回は無法地帯になったニューヨーク市街における少年たちの冒険が主テーマである。ストーリィ的には大人向けと言うより少年少女向けの内容であるが、それなりの面白い。女性フアンが多いと言うが、何となく分るような気がする。即ち、ちょっと甘口な感じがある。ダン・シモンのハイペリオンとエンデミオンの四部作を読んだ後では、やや見劣りするのはやむを得ないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無常の月

無常の月

2001/11/24 02:43

多彩な作品がおさめられた楽しい一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ノウンスペース・シリーズで知られるニーヴンの短篇集。とはいえ本書に収められている14篇の作品は、3篇をのぞいてノウンスペースものではない。ある夜の月の異変に端を発する大災害を描きヒューゴー賞を受賞した表題作をはじめ、ラムシップのパイロットの深宇宙での出会い、魔法使いウォーロックのシリーズに属するもの、並行宇宙もの、さらにタイムトラベルやテレポーテーションについて考察したノンフィクションものなど、作者の才能が光る多彩な作品が集められている。
 中でも、スーパーマンが地球で子孫を残そうとするにあたって遭遇する問題を、おもしろおかしく考察した悪ふざけ「スーパーマンの子孫存続に関する考察」が笑える作品として目立っている。この小篇ゆえに、この短篇集が引き合いに出されることも多いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大いなる旅立ち 上

大いなる旅立ち 上

2002/03/15 22:24

シーフォート君危機乱発!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本門寺四十郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 殖民星へと向かう国連軍宇宙軍艦ハイパーバーニアは、その道行きの半ばにして艦長以下全士官が死亡し、残るは士官候補生のみという大災厄に襲われる。かくして17歳の士官候補生が船の指揮を執るという非常事態に陥った。だが、その災厄はまだ始まったばかりだったのだ!

 という、「奇絶怪絶また壮絶」というか、「シーフォート君 危機乱発!」といった風情のSF青春軍隊物である。なにしろ、上巻の半分に至ってシーフォート君が艦長に就任すると、上巻の残りでトラブルは一応解決するのである。これで下巻に書くことがあるのかと思って読み進むと、さらにとんでもない事件が待ち受けている。その事件も下巻の半分近くまで来てなんとかクリアして、さすがにもう書くことはなかろうとのほほん読み進むと、なんと、ここからさらに信じられない大事件が発生するのだ!

 とにかく、こちらの予想を越える事態が次から次へと、しかも後になればなるほどテンポを速めて襲い掛かってくるのである。ジェットコースタームービーならぬ、ジェットコースターノベルというべきであろう。この展開は文句なしに面白い。

 とはいえ、もちろん手放しで誉めるわけにはいかない。光速通信より宇宙船のほうが先に着く情報的に断絶した宇宙を、無線のない18世紀の海洋にたとえて描く、という手法は珍しくないが、ここまでそのままというのはどうなのか、という気もする。また、SF的ガジェットも乏しく、SFならではの気の利いた設定も感じられず、だったら「ホーンブロワ-シリーズ」を読んでいればいいのでは、という気にならなくもない。

 そういった意味では、面白いがそれだけでしかない、という評価に落ち着かざるを得ない。

 だが、ステレオタイプではあるがキャラは魅力的で、「エンダーのゲーム」のビーンたちに感情移入できた人なら必ずや楽しめる1冊だ。とにかく100ページまで読み進んだら、もう最後まで本を置くことはできないだろう。SFとしては評価はしかねるが、お金と時間を損させない、エンターテインメントとして、高く評価する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大いなる旅立ち 上

大いなる旅立ち 上

2001/11/13 14:28

「銀河の災難男」を襲う不幸の波状攻撃

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よの  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最初、「銀河の荒鷲シーフォート」というシリーズタイトルを見たときは、いわゆる「ヒロイックSF」だと思っていた。しかし、実際に読んでみれば、この本はどちらかというと「銀河の災難男」の苦労物語だった。
 果てしなく、これでもかと主人公ニックを襲う不幸の波状攻撃に、気づけば読み手はすっかり捕らわれて、ハラハラしながら読み進めることになっている。
 ニック・シーフォートという主人公を表現するなら、くそ真面目で、融通のきかない、短気な男。「若い」という点でカバーしているが、これが50のオヤジだったら、多分かなりイヤな人だ。かっこいいかと問われると、答えはかなり微妙。私はこの男の近くで生活はしたくないし、きっと同じ船にいれば、悪口を陰で言うだろうと思う。けれど、「宣誓」にすべてを託し、覚悟を決めて、きまじめに、とりたてて優れているわけでもない能力の限界ギリギリで踏ん張っているその生き様は、読み手をハラハラさせるのにもかかわらず、見事であり、尊敬できると思う。その覚悟の決めっぷりが見事で、だから、やはりこの男はかっこいいのだと思う。
 立て続けに発生する難問を、17の若さで背負わなければならなくなったニックは、不幸ではあるが、それでも立ち向かう姿に、読み手はどんどんと共感してしまい、気づけば心の中でエールを送っている。
 この本は、全然ヒロイックSFではない。ちょっと見には普通に見えるクソまじめな少年が、そのまじめさ故に、幸か不幸か英雄じみた「男」にならざるをえなくなり、波状攻撃でやってくる苦境を七転八倒しながら乗り越えていく、泥臭く、汗くさい物語である。読み終わるとなんとなく肩から力が抜けて、かみしめていた奥歯がゆるむ感じがする。
 上下巻そろえてから読み始めるのがいいだろう。止まらない続きへの欲求に、あっという間に読み切ってしまうことを保証する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大いなる旅立ち 上

大いなる旅立ち 上

2001/08/10 00:58

荒鷲でいいのか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りえち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙のニック・シーフォートは格好いい。それにつられて読んでも、後悔のない一冊だ。
 でも、シリーズタイトルの「荒鷲」に、いつも「?」と引っかかってしまう。「荒鷲」なんていかにも男らしい、宇宙の男っぽい枕だが、なんてニックに不似合いなのだろう。本作の彼は真面目が取り柄の先任士官候補生で、それが度重なる偶然のいたずらから、結果的に英雄になってゆく。彼はいつもぐずぐず考えているし、たまに感情のままに振る舞ってはど壺にはまっているのだから、手に負えない。
 それでも、こうと決めたときの潔さには敬服するし、覚悟を決めたときの格好良さは格別だ。そしてそれが、世間の彼の評価となる。そのときのニックは、まさしく「荒鷲」といえるのだろう。だが、彼の心を追いかけて読み進む私にとっては、ニックは優柔不断で生真面目で心優しい、情けない男である。私はそんな彼を応援している。
 読むときは、上下巻を揃えてからがお薦めだ。止まらない…いや、止められないこと請け合いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示