サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

スワロウテイル みんなのレビュー

  • 籘真千歳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの

切ない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ何年か、会う人ごとに「スワロウテイル」という本の面白さを説いてきた。マンガじゃないぞ!小説だぞ!
 揚羽という少女(?)がいかに健気で、強くて、儚くて、愛らしいか…。
 相手は例外もなく、決まって「ふんふん」と興味のかけらも見せずに頷くばかり。それでも、この人工妖精の魅力を伝えたくて、次の話が読みたくて、密かに籐真千歳にエールを送り続けてきた。このレビューは彼女へのラブコールだと思っている。

 とにかく、揚羽の魅力に押し流されつつ、物語にぐいぐいと引き込まれていく高揚感。胸に迫り来るいとおしさ。
 これで終わりかと思うと、本当に切なくなってくる。またいつか、短編でもショート・ショートでもよいので、揚羽の日常のかけらでも覗いてみたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの

健気だわ,揚羽も真白も!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kwt - この投稿者のレビュー一覧を見る

春樹の「1Q84」の青豆並みに,健気な人工妖精だわ!
人の心理や感情類型にまで踏み込んでるから,読んでて面白い。
SF武闘系に分類するのかもしれないけど,精神分析系でもあるし,恋愛系でもあるしなあ。
舞台設定があり得ない仮想未来世界だからSF系なんだろうが,小説として,立派に楽しめる。
全4巻あるが,どれから読んでもOKかな?!
他にも,書かないのかなあ?ブログは公開されてるけどねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スワロウテイル人工少女販売処

紙の本スワロウテイル人工少女販売処

2017/05/21 02:35

ラノベ寄りのディストピア小説。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラノベ寄りですが一般文芸書の分類だと思います。
そもそもラノベと一般文芸書の境界はきれいに線引きできる
ものではないですが、違いはなんとなく分かります。

ラノベだからパスするとの考えは自分にはありません。
文芸書がじり貧になる中で、本屋さんで多くのスペースを与えられ、
部数を伸ばしているラノベはむしろ興味があります。

残念なのは、当たりと思えるラノベは自分にとってはビブリア
古書堂シリーズぐらいで、あとは連敗をくり返していることです。
つまり合わない確率が高すぎるということで、実のところ趣味に
合うラノベを見つけたいという思いがあります。

読書の醍醐味に行間を読むことがあります。
想像力が刺激されるからであり、それこそが読書の最大の
魅力の一つだと思うのです。

物語の世界が分かりやすいことは重要ですが、分かりやすくても
行間は必要で、レールに乗せられることとは違うと思っています。
昨今は書き過ぎ小説がベストセラー的に売れるので、
こんな考えは少数派なのかもしれません。

この作品は、ラノベ的な残念な部分と、特異で個性的な
世界観の両方を持っており、かなり荒削りで評価しにくいです。
特に前半は、自己陶酔型の知ったかぶり文章が続き、
読みにくいことこの上ないです。

この読みにくさが逆に知的好奇心を煽るので、満足する人も
出てくるのでしょう。聞きかじったSF的な用語の埋め込みは、
エヴァンゲリオンで用いられた手法で、こういう意味だろ、
分かるぜ分かるぜみたいな感じがしてうっとうしいです。

しかも人工妖精と呼ばれるアンドロイドは、男にとても都合の
いい雰囲気の少女たちです。ドジかわいい漫画風のキャラで、
こんなものを喜ぶのは読書経験の浅い中学生くらいでは
ないでしょうか。
わが家の中学生女子は、男の妄想のかたまりみたいな
人工妖精に辟易していました。

でも人工妖精に頼らなければ成立しない膿んだ未来は、
もの悲しい現実を見せてくれるようで、続きが知りたく
なってきます。わたしはそこに作品の魅力を感じました。

三部構成です。特に第二部の人工妖精の置名草
(おきなぐさ)が見せる倒錯した自己犠牲は、精神の
矛盾にさいなまれていて読んでいるこちらも心が揺らぎます。

前半の酔ったような文章に対して、中盤は物語が走り出して
読みやすくなります。無駄な力が抜けており、この作家さんの
見せる世界が率直に伝わってきます。

この作品はブログ小説がベースとのことです。納得しました。
早川書房の編集さんがかなりテコ入れしたようなのですが、
それでようやく読めるレベルになったということでしょう。
この作家さんに可能性を感じることは、わたしも賛成です。

表紙の絵は人気のあるラノベ系の絵師さんで、目を奪われて
しまいます。でも小説なのだから、中身も表紙に追いついて
欲しいですね。見た目ばかり都合のいい作品では
良質とは言えませんので、酔った文章から脱却できれば
いい作品が読めるのではと期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示