サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

機械じかけの猫 みんなのレビュー

  • トリイ・ヘイデン (著), 入江真佐子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

機械じかけの猫 下

紙の本機械じかけの猫 下

2007/11/01 15:35

確かに、読み応え十分な良質の小説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 コナーはだんだんと物や人に興味を示し、対話が少しできるようになった。だが、意味不明のことも言う。幽霊を怖がってもいる。ローラの話も、空想から現実の過去の話になってくる。このふたつが重なった時、ジェームズに一つの回答が見えてきた・・・
 これは推理小説とも言えそうだ。
 「現実と空想をたくみに織りまぜ、救いを求めてさまよう心の軌跡を圧倒的筆致で描く驚愕の物語。」との宣伝文句も誇大ではない。
 確かに、読み応え十分な良質の小説である。

 しかし、悲しみは次世代にも影響してしまうので、怖いですねぇ。教訓としては、子ども同様、大人も正直でありたいもの、かしら? でも、そう簡単にはいかないよね。うーん、生きるって難しい。心の傷をどう処理するか? 愛する対象との信頼関係、救いを誰にどう求めるか、後からいろいろ考えさせられます。
 
 アメリカにも医療保険とか格差とかいろいろ問題はあるけれど、障害児への個別のセッションも素晴らしいし、精神病へのセラピーとかも、当たり前の感覚でできるのがいいなぁと思う。費用はお高そうだけれど・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

機械じかけの猫 上

紙の本機械じかけの猫 上

2007/11/01 15:31

小説として読めば面白いが・・・

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 トリイ・へイデンものは、障害児(特に無言症)と、そのクラスとのかかわりを描いた自分の体験に基づくものが多かった。これは、小説。そういう意味ではちょっと物足りない感じもする。
 おなかのまわりに、アルミホイルの小片を結びつけた紐をいっぱい巻きつけ、「ニャオ」とか機械音しか発しない子ども。9歳の少年コナー、自閉症と診断されている。ぬいぐるみの猫を突き出し、まるで、猫によって、物や人を信頼しうるか、警戒すべきかと探知するかのようだ。そして「猫は知ってる!と叫ぶ。
 家族は、有名作家の母親と、牧場経営者の父親、そして、超美人の6歳の妹。
 私こと、精神科医のジェームズも、問題を抱えている。離婚して子どもたちから遠く離れ、休暇に面会に来た子どもたちの扱いも、上手にはできない。そんな時、助けてくれた、コナーの母親が、診療所を訪れ、一緒に食事をしながら話をしたいという。断りきれなかったジェームズ。
 コナーのセッションでの様子と、母親の空想に満ちた話とが交互に重なっていく。小説としては、良くできているけれど、子どもの変化に興味のある私としては、空想のお話はいまいち。コナーが心を開いていく様子、おもちゃや絵の具に興味を示していく慎重な態度、同じ動作を繰り返し、確認していく様子などは読んでいて、やっぱり保育の仕事をしたいなぁと思ってしまう。体力に自信がないので、無理かもしれないが・・・
 子どもってすばらしいよね。エネルギーも、可能性も、たっぷり。そして素直。どの子もみんな、かわいい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

機械じかけの猫 上

紙の本機械じかけの猫 上

2002/07/26 14:47

上巻だけでは止められない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桃華 - この投稿者のレビュー一覧を見る

トリイ・ヘイデン2作目の小説。
話は主人公のセラピストと自閉症の少年、その母、そしてその妹との3つのカウンセリングを平行して綴られており、上巻ではそれがどのように関わってくるのかがまだよくわからない。しかしながら、登場人物の描写が素晴らしいので、一人一人の話に興味がわき、あっという間に読み終わってしまったという感じである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

機械じかけの猫 上

紙の本機械じかけの猫 上

2000/12/06 20:18

一冊で3つのストーリーが楽しめる!トリイの新境地

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎんぺい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 トリイ・ヘイデンは、『タイガーと呼ばれた子』や『檻のなかの子』など、自らが関わった情緒障害児の事を書いた著作で有名だが、この「機械じかけの猫」は、ドキュメンタリーではなく、著者2冊目の小説だ。上下2冊組のかなり読み応えのある本だが、ぐいぐいと引き込まれていく。
 ひとつの小説のなかに、3つの話が入れ替わり立ち替わり、織り交ぜて語られるという複雑な構成だが、どの話も重厚でまるで3冊の本を並行して読んでいるかのように思えた。(お得な一冊?)

 話の一つは現代。主人公の精神科医が、自閉症(と考えられる?)のコナーという子どものセラピーを行っているセッションでの出来事。「猫は知っている」という謎の言葉を言い続ける9歳の少年。そのセッションでの描写はさすがたくさんの子供たちを見てきたトリイだと思わせる。
 二つ目は過去。そのコナーの母親ローラが精神科医に語っていく彼女自信の生い立ち。
 三つ目は異世界。ローラは有名作家で、超人的な想像力を持っている。自分自身の生い立ちと並行して、幼い頃突然、自分の空想世界に現れたトーゴンという女性についての話も語っていく。
 トーゴンの世界は、まだ未発達な文明で、ローラはトーゴンにビジョンとして啓示を与えていく。ローラもトーゴンをつらいときの心のよりどころとして成長して行くが、いつの間にか、ローラは「天の声」が聞こえる人物として、チャネリングの会の中心になってしまう。
  
 深く関わりはないように思えた3つの話が、最後の最後で…。

 まず一回読んで、「う〜ん」とうなり、もう一回じっくり最初から読んで「なるほど!」とその伏線の巧妙さに感心してしまう。
 訳者があとがきで書いているように『読み終えたあとに、あれこれじっくり考えるのが好きな読者にはうってつけの一冊』である。

 今までトリイは、自分の実体験に基づいた本を書いていたが、小説という自由な舞台を得て、その世界が大きく拡がった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示