サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

電子書籍

マルドゥック・スクランブル みんなのレビュー

  • 冲方丁 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression−圧縮 完全版

再生の物語、新生す

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:峰形 五介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『マルドゥック・スクランブル』を未読の方には旧版の書評やyjisanさんの書評を参考していただくとして、ここでは「旧版を読んでるから、完全版はべつに読まなくてもいいかなー? いや、やっぱり読んだほうがいいかなー?」と迷っている人のために、完全版での変更点について報告をば。

 最初に断っておくと、物語の骨格やテーマが変わったわけではない。新しいキャラクターが登場するわけでもなければ、重要なシーンが追加されているわけでもなく(バンダースナッチの面々の過去が語られる程度)、旧版とは別の結末が待っているわけでもない。
 にもかかわらず、完全版は旧版とは別物になっている。作者曰く「文章上、必要と思われる修正をできる限り行った」(後書きより)とのことだが、その「必要と思われる修正」の量が尋常ではないのだ。登場人物の心情がより細かく描写されているし、舞台であるマルドゥック市の設定がより深くなっているし、章立てが変わっているし、前日譚『マルドゥック・ヴェロシティ』との間に生じた矛盾が修正されているし、ボイルドを描写する際に(おそらく意図的に)多用されていた「うっそりと」という言葉が大幅に削られているし、最後の戦いのシーンでは「爆心地(グラウンドゼロ)たるべき一点を目指して」なんて文章(『マルドゥック・ヴェロシティ』を読んだ人なら、その意味が判るはず)が出てくるし……と、いちいち挙げていたら切りがないほど。おそらく、手を加えられていないシーンのほうが少ないだろう。いや、少ないどころか、皆無かもしれない。
 その数え切れない改訂箇所の中で特に印象に残ったのは二つ。
 一つめは一巻第一章の終盤。旧版ではバロットの心情がウフコックの台詞で表されていたが、完全版では当人が直接的な行動に出る。もちろん、それは未遂に終わる。旧版と同様、ウフコックの「最初の優しさ」によって。
 二つめは三巻第三章でのカーチェイス。銃弾を撃ち尽くしたボイルドが思わず叫ぶ(これも『マルドゥック・ヴェロシティ』を読んだ人なら、どんな叫びか判るはず)。それをボイルドの視点で描くことなく、バロットが叫びを聞くという形にしているところがニクい。
 あ、もう一つあった。「ペーパーバックの西部劇」(旧版三巻P166)が「ネットムービーの西部劇」(完全版三巻P107)に変わっているところ。近未来が舞台だから、ペーパーバックなんてものは時代遅れになっているようで……いまだに電子書籍になじめない私としてはちょっと物悲しさを覚えてしまった。
 まあ、そんなどーでもいい話はさておき。
 結論として、旧版を読んでいる人にも完全版はお勧めできる。なにか新しいものを求めているのなら拍子抜けするかもしれないが、少なくとも旧版で得られた感動が台無しになることはないはず。

 さて、あとは完結編『マルドゥック・アノニマス』を待つばかり。
 できれば来年中には刊行してほしいなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion−燃焼 完全版

すばらしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ginga.k - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通り、燃える、燃える。萌えもまぁちょっとはw
血を流しながらもバロットのために戦い続けるウフコックと、激しく心を痛めながらもウフコックを使い続けるバロット。二人の葛藤も相まって、ボイルドとの戦いはとてもハラハラした。(ていうかここ前巻の引き所良すぎ
09計画の大元となった研究所、そこでのバロットの邂逅、ボイルドの過去、そして唐突なカジノ。色々濃密な内容なので、一巻の引きが気になった人は是非。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion−燃焼 完全版

食い入るように読める2巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サラーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

怒涛の戦闘シーンから続く2巻。ボイルドとの激闘でウフコックが傷つき、バロットが身勝手に振舞ってしまった自分を振り返り成長する話。楽園の人々や動物たちと出会い人間的に成長するシーンはなんだか感動するし、カジノへ乗り出し、成長の成果を見せるところは自分でも驚くほどスラスラ読めた。主人公が成長する話が好きな人ほどここで虜になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression−圧縮 完全版

冲方先生の原点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サラーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

冲方先生らしく14歳の女の子が主人公ですが、お決まりの通りなかなか過酷な境遇にあります。そこからサイボーグとして蘇り、ウフコックという何にでも変身できるネズミを相棒にして戦います(あらためて書くと魔法少女に近いノリに聞こえる)。躍動感や重苦しい雰囲気などがすぐに伝わる素晴らしい文章ですのでSF好きに限らず、小説好きならばご一読しては如何でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust−排気 完全版

すばらしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ginga.k - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説一番の見所(であろう)ブラック・ジャックによる勝負は、とても引き込まれるシーンだ。読んでいる間、ずっと自分もトゥイードルディムの泳ぐプールにいる気分になった。
そしてボイルドとの決闘。ウフコックの決断、そして彼によって成長したバロットのその後の行動、一連の終結はどれをとっても感動出来る。続編のマルドゥック・ヴェロシティも読んでからだと、このシーンにまた違った感慨を見いだせるかも。
とにかく、二人が今後とも有用性の証明を賭けて戦い続けることを応援したくなる、ハートフルな最終章だと思う、是非最後まで読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression−圧縮 完全版

すばらしい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ginga.k - この投稿者のレビュー一覧を見る

わくわくさせてくる冒頭、ユニークな言葉遊び、スカッとする戦闘シーン、そして物語から伝わってくる確かな温もり……
冲方氏の作品はこれとマルドゥック・ヴェロシティしか読んだことがないが、どちらも日本SFで屈指の超能力ものだと思うので、異常性癖や女主人公が苦手な人でないならぜひとも読んでみて欲しい会心作。
邪道なことに僕は時制だけ考えて先にマルドゥック・ヴェロシティから読んでしまったが、ネタバレ成分もあるし正しい順番でこっちから読んだ方がいいね^^;でもどちらから読んでも充分楽しめると思う。
というわけでこれが気に入ったら続編としてマルドゥック・ヴェロシティも読もう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression−圧縮 完全版

最終兵器な美少女がサイバーパンクに暴れるハードボイルド・アクション

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yjisan - この投稿者のレビュー一覧を見る

巨大企業オクトーバー社が支配する退廃的な港湾型重工業都市、マルドゥック・シティ。15歳の娼婦バロットは賭博師シェルの愛人となり、何不自由ない生活を送っていた。しかし、それはシェルによって巧妙に仕組まれた罠であった。バロットは知らず知らずのうちにシェルの犯罪に加担させられており、そして口封じのために消されようとしていたのだ!

「雛料理(バロット)」という名前通り、エアカーという殻の中で焼き殺される寸前だったバロットを間一髪で救ったのは、委任事件担当官(事件屋)のドクターとウフコックだった。

ドクターは緊急法令「マルドゥック・スクランブル-09」に基づき、宇宙戦争用の禁忌の科学技術によってバロットを治療する。全身をサイボーグ化された彼女は、周辺の電子機器を自由に操作する高度な電子干渉能力を得た。高度な知性を持ちあらゆる兵器に“変身”できるネズミのウフコックと共に、バロットはシェルとその背後にいるオクトーバー社の犯罪を暴こうとする。

だが2人(1人と1匹)の前に、シェルに雇われた凄腕の委任事件担当官ボイルドが立ちはだかる。彼はかつてウフコックを“濫用”した優秀な元軍人で、最強の武器であるウフコックに依然として執着していた・・・・・・!



ゼロ年代日本SFの代表作の1つとされる本作だが、サイバーパンクな道具立てを除けば、未来社会の描写は案外少なく、マネーロンダリングやドラッグ、性的虐待、児童買春など現代に直結するテーマが多い。リアルな近未来世界を独自に構築しているというより、現代社会のグロテスクな裏側をSFというコードによって未来的な通俗へと“反転変身(ターンオーバー)”させた、という印象が強い。その意味でSF作品として成功しているかどうかは疑問も残るが、ハードボイルド小説として読むとなかなか斬新である。


本作の仮借ない暴力表現、性表現は正統的なSF作品のそれとは一線を画しており、翻訳調の文体と相俟って、ハードボイルド的な雰囲気を濃厚に漂わせている。何しろ敵役の名前が「ボイルド」という、そのまんまの名前なので、作者がハードボイルドの文法を意図的に採用していることは明らかであろう。


作者が後書きで記しているように、本作からは映画『レオン/完全版』の影響を強く感じる。不当に虐げられてきた薄幸の美少女と、彼女を守るために全力を尽くす殺人マシーンとの不器用な交流、という設定は『レオン』そのものである。しかしバロットの生い立ちはマチルダ以上に苛酷なため、心の闇はより深い。抑圧され続けた反動としての残虐さは壮絶である。しかも彼女の相棒は金色の毛のネズミ(笑)。美少女とネズミという、およそハードボイルドには似つかわしくないコンビが悪党どもに銃を乱射するというギャップが秀逸。


ちなみに、現在、本作の映画版が劇場公開中。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression−圧縮 完全版

全3巻,圧縮・燃焼・排気

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kwt - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウフコックと少女パロットがカジノを利用したマネーロンダリングに挑む。
第3巻は,カジノでのブラックジャック・オンリー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示