サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

黒猫シリーズ みんなのレビュー

  • 森 晶麿
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本黒猫の回帰あるいは千夜航路

2016/02/11 15:59

相変わらず美学の話はあまり理解できませんが…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒猫がやつと帰って来ました。前作から作中時間で一年も経ってるんですね。その間、連絡もほとんど無し。そして、再会した瞬間からエピローグの直前まで、言いたい事をストレートに伝えない二人に、もどかしくてジレジレしました。
しかし、エピローグを読んだ後もう一度読み返すと、今度はニヤニヤしながら読めます。
作者のブログを見る限り、シリーズはまだ続くようなので、次巻も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫のいない夜のディストピア

2019/01/01 16:59

母の思い、父の思い。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒猫との行き違いに悩んだり、自分にそっくりな全身白い女性の出現に不安になったり謎の暗号が届いたり、忙しい「私」です。
『竹取物語』研究者でもある母雪絵を巡る謎解きです。
私の周りに新しい男出現。黒猫の周りにも新しい女出現です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫のいない夜のディストピア

2019/07/13 16:06

波乱の第二幕。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒猫シリーズの第二幕目。のっけから不穏な始まり。
 新しい登場人物たちも学識があるけれど、企むタイプの方たちのよう。
「私」と「黒猫」、上手くいっているようで、もたもたしている。
 今回の謎は「かぐや姫」?
 ドッペルゲンガーや暗号、美学の説明でこんがらがってくるが、最後はすっきりと収まってくる。
 次回への波乱含みである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫の回帰あるいは千夜航路

2016/03/31 15:01

よかったです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと大好きだった黒猫シリーズなので、やっぱり最後まで楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫の約束あるいは遡行未来

2015/12/23 23:16

いろいろ大掛かり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

仏滞在中の黒猫はイタリアへ“遡行する塔”の調査に向かう。
建築家が亡くなり、設計図すらないなかでなぜか建築が続いているという。
今巻は建築の謎だったり奇妙な映画だったり、いろいろと大掛かりで楽しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫の薔薇あるいは時間飛行

2015/12/23 23:05

付き人のウツウツに同情

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻で黒猫の海外勤務が決まっちゃって付き人以上に寂しい気持ちになってしまってました。
黒猫の渡仏から半年。付き人はポオをテーマに博士論文に挑むが、つい黒猫のことを考えてしまう。
そうよねぇ、自分の事を憎からず思ってくれてることを感じてるのに、ほぼ音信不通って!
文学美学の難しいトコロを読む時の気の抜き方も分かってきた(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫の遊歩あるいは美学講義

2015/12/23 21:34

講義内容はちょっと分からない。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何気なく潜む謎を若き大学教授、通称「黒猫」が美学理論の講義を通して解き明かしてゆく。
黒猫のクールは振る舞いと彼に振り回される付き人(ポオ研究者)。二人のやり取りも面白い。
けど、講義の内容は正直理解できない…(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒猫の接吻あるいは最終講義

2015/12/23 21:44

黒猫の過去をチラ見せ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒猫と付き人はバレエ『ジゼル』を鑑賞しに劇場へ。
「おや?イイ感じじゃないですか」な出だし。でも事件の始まりです。
ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、今と過去の事件を結ぶ図式が見えてきます。黒猫の過去にも関係が?
相変わらず講義内容が難しい…文学の知識皆無なので細かい所はナナメに読みました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。