サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

銀河帝国興亡史 みんなのレビュー

  • アイザック・アシモフ, 岡部宏之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ファウンデーション対帝国

紙の本ファウンデーション対帝国

2005/08/12 23:50

シリーズで1番好きな作品かも、、、

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ファウンデーション」シリーズの2作目です。
前作の書評で「ローマ帝国興亡史」にヒントを得た、と紹介しましたが、
どれぐらいの方がご存知なのでしょうか?
以前、政治家を目指す人間は必読と言われていましたが、、、。

天才科学者ハリ・セルダンによって辺境の惑星ターミナスに、第二銀河帝国樹立のための種子として
“ファウンデーション”が設置されてから二百年が経過した。
はじめは百科辞典編纂者の小さな共同社会として発足したファウンデーションだったが、
まず周囲の野蛮化した諸惑星を併合し、ついで帝国から離脱した将軍たちをうちやぶり着々とその版図を拡大していった。
だが、つぎにかれらの前に現れたのは、怖るべき敵、、、
死につつあるとはいえいまだ全宇宙の人口と富の四分の三を支配している帝国の最後の狂暴な攻撃であった!
巨匠が壮大なスケールで描く傑作シリーズ第二弾!
(創元文庫初版カバー解説より)

2部構成になっていて、前半は「帝国」との興亡。
後半は有名な「ミュール」が出てきます。
前巻では権謀術策に重点がおかれていましたが、今回の後半では謎解きが中心です。
前回、設置された「第1ファウンデーション」の他に設置された「第2ファウンデーション」の役割は?
ミュールとは何者か?
セルダン計画は、本当に潰えてしまったのか?

今回は史劇の形式を離れて、ミステリー色の強い作品です。
後半の主人公、ベイタは新婚でありながら、夫にも真相を言えず単独で謎にせまります。
アシモフ老師のファンの間でも評価の高い、この作品。
じっくりと読んでやってください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファウンデーション対帝国

紙の本ファウンデーション対帝国

2001/07/18 18:26

巨大な敵

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あ〜る - この投稿者のレビュー一覧を見る

 銀河帝国興亡史第2巻。セルダンの死後も勢力を拡大するファウンデーションに迫る巨大な敵。それは、滅亡の途にアルトは言え、依然として銀河最大の勢力を誇る帝国そのものだった。さらに、セルダンでさえ予言できなかった究極の敵、ミュールの魔手が迫る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示