サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

【OP】集英社コミックセット 30%OFFクーポン(~4/23)

電子書籍

ピルグリム みんなのレビュー

  • テリー・ヘイズ, 山中 朝晶
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

ピルグリム〔3〕 遠くの敵

電子書籍ピルグリム〔3〕 遠くの敵

2016/02/15 00:53

メインデッシュも美味しかった、ご馳走様です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

遂に謎の敵サラセンの正体までたどり着いたピルグリム。しかしテロ計画に追いつく事が出来ず失敗に?万事休すの状況でピルグリムが取った起死回生の手段とは!

最後まで面白かったです。私の場合、優れた小説を読むと嬉しくなるのと同時に読み終えるのが辛くなるのですが、本作もその一冊で先が知りたくて読み進めたいのですがこの作品世界から抜け出したくないと思わせる物語の力がこの作品にはあります。圧巻なのがこれまで積み重ねてきたエピソードが様々な場面で回収される構成になっており、成る程!そう繋がってくるのかと感心すること然り。新人らしからぬ構成力、文章力にあとがきを読んで納得。作者は映画などの脚本家としてはかなりのキャリアの持ち主であの有名作マッドマックスも手がけているとか。そして嬉しい事にピルグリムの活躍はまだまだ続く様で本シリーズは三部作の第一部に当たるとの事、当分楽しめますね。

とにかく面白い物語が読みたいのであれば本シリーズはオススメ、読み応え十分なボリュームと緻密に組み立てられたストーリーにどっぷりと浸れます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ピルグリム〔1〕 名前のない男たち

前菜ですが、めちゃめちゃうまいです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄惨な殺人現場を淡々と調べ上げ犯人像を割り出して行くプロローグから「このひとり語りする主人公は何者だ?」と読者が疑問を持ち始める頃には、何故この場に主人公の自分が居るのかを過去へと遡りながら説明する展開となり、どっぷりと作品世界に引き込まれてしまう。不遇な子供時代からアメリカの数ある諜報機関を監視する「機関」にスカウトされ欧州での危険な任務~ここで語られる非情な諜報世界に、逆に「何故そんな人間がNYで刑事事件に係わっているのか?」と新たな疑問が湧きだすのだが、その頃には物語の半分近くが終わっている。しかもそこから冒頭の殺人現場に戻る前に今度はこの物語のもう一人の主要人物である〈サラセン〉という最凶最悪なテロリストがどのように誕生しどの様にテロ計画を準備してきたのかを後に〈サラセン〉を追って調べた事実から語る事になり、一巻目は主人公と〈サラセン〉の人物像とその背景説明でほぼ終わってしまう。

でもね、面白くてすぐに読めてしまう。メインディッシュがまだ始まっていないにも関わず、細かでリアルなエピソードが積み重なってストーリーが組み立てられているので二人の登場人物の行く末が気になってついつい先を読んでしまうのです。翻訳が上手いのか読み易い文章なのでスイスイいけます。この後、主人公は何故〈サラセン〉を追うことになるのか?冒頭の殺人事件はどう関わってくるのか来ないのか?など気になることはすべて2巻へ持ち越しされているので、次巻も読むよなあ、普通。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ピルグリム〔2〕 ダーク・ウィンター

メインディシュはまだですが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻では名前がなかった主人公がようやくピルグリムというコードネームを得て動き出す。作戦の性格上、ほぼ孤立無援の状態でサラセンを追い始めるのですが、まさかカバーの為に使った殺人事件がこう結びついてくるとは!ビックリです。しかし本作もこの殺人事件を調べるだけで終わってしまうのでメインディシュは次巻までお預け。
いやーでも本巻も面白い、前作から引き続きレベル高いです。早く最終巻が読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピルグリム 3 遠くの敵

紙の本ピルグリム 3 遠くの敵

2015/02/06 13:41

読みました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二巻に続いて三巻も面白く読めました。
最先端の情報技術を駆使する様や、サラセンとピルグリムの、互いに全てを掛けて挑む戦略が息つく暇もなく進みます。ただ冒頭の、警察官の家に侵入した「わたし」に、停電した同地域の中で四基の大型照明やヘリの出動などあれ程の包囲網に、「わたし」の侵入したのはキャメロンの豪邸だったのかと、読み返してしまいました。事件で罠を張った訳でないのに、あの対応はトルコならではでしょうか?
アメリカ大統領の、葵の御門の如き威光を放つ書き方は健在で、こうあるべきアメリカ国民らしさの理想がよく描いていると思いました。災害は未然にふせがれピルグリムの死闘は終わり幕は閉じますが、伝説のスパイと主人公を位置づけているなら、著書を殺人に利用されたスパイのプライドにかけて、イングリットの逮捕まで出来たらやりおおせて欲しかった。
911事件で勇気をもって救助したベン警部補の人柄が最後まで一服の清涼剤でした。「わたし」の登場する次作がもし書かれたなら、読みたいとは思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピルグリム 2 ダーク・ウィンター

ようやく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二巻目に入ってようやく、ピルグリムの名を得た「わたし」が本格的に動き出す。
スピード感ある展開で、一巻とは違い、飽きさせない。
ベン警部補の扱いが、伝言係の存在としてしか見事に本書に出てこないのが残念だったり、作者の所々「わたし」の特別さを読者に印象づけようとする記載は健在だが、二巻での「わたし」の活躍に、ようやく気にせず楽しんで読めたように思う。
この調子で三巻まで読み進めたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピルグリム 1 名前のない男たち

いまいち~

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピルグリムという変わったタイトルの言葉に惹かれて読みましたが、一巻の半分まで読んでも登場人物達の生い立ち描写?が多く、長くて話が進みません。
イギリス生まれの脚本家で、本作が小説デビュー作とのことですが、「わたし」なる諜報員が駆け出しの時の活躍描写は、映画を見ているようなテンポで成程と思わせますが、その後も脚本に少し肉付けした話を読んでるようで、どの登場人物にも引き込まれません。
あと構成も、三人称で書かれれば無理なく読めるのに、一人称の語りで強引に語らせてる書き方に、読んでいて違和感があります。
引退した凄腕の諜報員であるはずなのに、ベン警部補に発見されたりとか、呼び戻されるほど実力あるのか一抹の懸念を思わせたり、中々つっこみ所があります。
「スパイ物」vs新時代のテロリストの物語で、「巨大なスケールと比類なきスピード感で放つ、超大作サスペンス開幕」と紹介されているので、完結まで読んでみようと思うが、投げ出さずに一巻が読み終えるかが課題である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示