サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

機龍警察 みんなのレビュー

  • 月村 了衛
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本機龍警察自爆条項 完全版 下

2018/05/26 21:21

凄惨なる決意

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

はっきりと陰りを感じさせていたライザの忘れたい、無くしてしまいたい過去のエピソードが語られる作品。過去は変えられない。でもそこから逃げないからこそ戦う。
崇高ささえ感じられるプロフェッショナルたちの物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機龍警察暗黒市場

2017/01/26 21:29

救いの無い世界の中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

絶望につぐ絶望、虐殺につぐ虐殺。一歩裏にまわれば世界とはこうも救いが無いものか。今回は自分にゆかりがある土地が凄惨な事件の現場になっただけに読んで疲労困憊。希望はあると信じたい、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍機龍警察 暗黒市場

2016/02/13 21:57

ロシアの「最も痩せた犬達」の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎回、龍機兵搭乗者の過去に絡んだ事件が描かれるこのシリーズ、今回の主役はユーリ・オズノフ警部。いきなり警視庁をクビになったユーリがロシア時代の知り合いゾロトフと組んでの武器密売。まあ何か裏があるとは思いましたがその通りの展開に。まるまる1章分費やして描かれるユーリの幼年時代からロシア警察時代。少年時代のユーリ(警官の息子)とゾロトフ(ヴォルの息子)の因縁。そして日常的に行われる不正に流されることなく誇りを持って生きようとする不器用な青年時代の彼にできた仲間「痩せた犬」たち。そして暗転。3名の搭乗者の中では唯一元警官のユーリ。なので警察小説としての座りは良くかなり警察してます(笑)。

後半、「相似」というキーワードで描かれるユーリとゾロトフの光と影、ロシア警察時代と現在(警視庁時代)がシンクロして最終決戦へ。それまで彼が感じていた疎外感や忸怩たる思いがこの決戦で爆発・昇華します。とにかく盛り上がります。バトルシーンも豊富で突入から最終決戦での「どつきあい」。「機甲兵装」同士のバトリングや飛び道具での殴り合いなど肉弾戦が堪能できます。

「武器密売」という題材をテーマに龍機兵と警察をシリーズ中1番無理なく扱った作品。素直に面白かった。しかしユーリ、泣いたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍機龍警察 火宅

2016/02/13 21:51

機龍警察、初短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を読むとシリーズの懐の深さを実感できる。

警察小説でありながら、冒険小説でもあり、SF小説でもある。長編ではこのテイストが渾然一体となって面白さを醸し出しているのだが、短編集ではそれぞれの登場人物に焦点を当てた話になっているので由起谷や夏川がメインだと警察小説、宮近理事官だと官僚小説、機龍搭乗者のライザやユーリだと冒険小説、そして技術主任の緑がメインだとSF小説と主役によってその様相を変えてくる。

さすがに捜査と戦闘を盛り込んだ話になると尺が短いなとは感じるものの、1つのシリーズでこんなにもバラエティに富んだ話をかけるのは本作のフォーマットが非常に優れている証拠である。

火宅・・・由起谷刑事の元上司の謎
焼相・・・立て篭り犯と特捜部の機甲兵装での攻防
輪廻・・・入国したテロリストの謎とその闇
済度・・・スカウト前のライザのエピソード
雪娘・・・ロシア警察時代のユーリのエピソード
沙弥・・・高校生の由起谷が警官になるキッカケとなった事件
勤行・・・ある日の宮近理事官の1日
化生・・・機龍兵のコアテクノロジーの話

全8編でいろいろな機龍警察が楽しめます。

因みに本書から読んでも問題ありませんが前作までの事件や関係者が沢山出てきますので既刊4冊を読んでから読む事をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機龍警察自爆条項 下

2016/01/20 16:53

関係がない人間ほどテロの標的…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

関係がない人間ほどテロの標的としてふさわしい(関係のない人間はいない!)という思想がテロリストにあると以前聞いたことがある。反面この物語の中のテロは政治と個人の保身のための行為にしか思えない。しかし、たとえ思想が在ろうが無かろうが暴力は暴力であってなんら正当化されるものではない。物語はこれからも国際犯罪の日本国内への侵略を描いて行くのだろうが、どんな立場に在っても暴力を肯定する事は出来ない。いつの日か正義の刃は正義を逸脱する事になるのではないだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機龍警察自爆条項 上

2016/01/20 16:52

日本という国の平和を思い知らされる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

或る意味、日本という国の平和を思い知らされる。物語の中で発生するテロ行為を本当にテロと捉えていいのだろうか?大規模な犯罪でしかないのではないか?なぜならば思想や宗教といったものよりゲーム感覚な一面が感じ取れてしまうからだが、それはそれエンターテイメントを求めたフィクションなのだから仕方がない。ただ自分たちにとっては理不尽ともいえる正当化された暴力の世界、それが海外では形を変えていまも繰り広げられていることを忘れてはならないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。