サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

	全商品500円OFFクーポン(0925-28)

電子書籍

ジュラシック・パーク みんなのレビュー

  • マイクル・クライトン, 酒井 昭伸
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

ジュラシック・パーク(上)

電子書籍ジュラシック・パーク(上)

2017/02/24 05:59

ハモンドがヤバい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を見たときよりハモンドのヤバさが際立っている。金儲けの為なら孫も危険に曝す酷い奴。今読むと危険すぎる巨大技術の暗喩かも。琥珀に封じ込められた昆虫から恐竜のDNA情報を得るアイディアは凄いな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ジュラシック・パーク(下)

電子書籍ジュラシック・パーク(下)

2017/02/25 08:39

パンドラの箱から渡る恐竜

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

不気味な脅威が世界へ放たれる。翼指竜が襲い、成体幼体ティラノサウルスガ大暴れし、ラプトルの営巣地まで発見される。爬虫類より鳥に近い敏捷で賢い恐竜、古い恐竜観が覆された。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジュラシック・パーク 上

紙の本ジュラシック・パーク 上

2001/03/09 18:10

映画よりも怖い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なたね - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画が大ヒットしてしまったので、今更、と思うかもしれないけれど、こっちの原作の方が、もっとリアルで恐怖感がある。それに、映画では表現し切れなかった、恐竜の悲しさもしっかりと描かれていて、単に怖い存在だけにとどまらず、生命のある生き物のとしての恐竜がそこにある。

 人工的に蘇えらされた太古の恐竜達。倫理観を無視した結果が、映画のようなパニックを引き起こすのは当然とも言えるが、それにしてもいつ襲ってくるかわからない大型肉食恐竜の怖さは、まるでサイコもののようで、背筋がぞくぞくしてくる。

 追われる科学者達と子供達。一人一人の人物描写も生き生きと描かれていて、善悪がわかりやすい。

 ラストシーンの恐竜達の姿には、胸が打たれるような感動すら覚える。単なるパニックものではない、良い作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ジュラシック・パーク(下)

電子書籍ジュラシック・パーク(下)

2015/09/11 20:46

一致しないのだけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:間違い探し - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウ゛ェロキラプトルの描写が変?初めの描写では同族が幼体を食べています。が最後は営巣地で子育て。これはあえて人工繁殖と自然繁殖の違いとして書いたものでしょうか?次作のロストワールドではマルカム教授は生きている・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジュラシック・パーク 上

紙の本ジュラシック・パーク 上

2001/08/20 19:43

凡作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 クライトンでもっとも有名な作品となったが、もっともつまらない作品でもある。恐竜再生のアイディアは、実際の学術論文にあるものの引き写しに過ぎないし、カオス理論の解説も、ただの受け売りであるだけでなく、根本的に間違っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジュラシック・パーク 上

紙の本ジュラシック・パーク 上

2003/03/18 17:36

アイデア勝ちの全世代向けジュブナイル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:notmoly - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりにも有名な映画原作であるし、どんな物語なのかも特記する必要はないだろう。
これはもう、クライトンのアイデア勝ちである。
アイデアとは、「琥珀に閉じ込められた虫から恐竜のDNAを取り出す」ことでもなければ、「カオス理論をダシにしてシステム崩壊の様を描き出す」ことでもない。
それらのネタを「恐竜のテーマパークを舞台にした冒険活劇小説」に仕立て『ジュラシック・パーク』というタイトルを冠したことである。
厳密には、ジュラ紀をはずれた生き物の話でありながら、音感優先でつけられたこのタイトルだけで、もう本書の「勝ち」は決まったようなものだ。
「そんなこと、ネタを知ってれば誰でもできる」などと、後からどうこう言ったところでコロンブスが草葉の陰で笑うだけだろう。

かといって、本書がそれだけのものかと言えば、決してそんなことはない。
「さて、今日はこの章で終わりにしておくかな」と思っていても、ついつい「もう一章、もう一章」と、読者をぐいぐい引っ張っていく力は、さすがである。
サスペンスの盛り上げ方もいい。
映画にはなかったが、恐竜のカウントプログラムを単純に反転させるだけで、パークの異常があらわになるというシーンには、ぞくぞくさせられた。
「そんな単純な見落としがあるか」というつっこみもあろうが、現実に複雑なシステムが単純な見落としから深刻な事態に陥ったというニュースが後を断たないのも事実だ。
クライトン作品は、常に現実の風潮を味方につけている(ある意味ずるい)。

肉食恐竜が跋扈する血なまぐささを持ちながら、決して過剰さや下品さに堕することなく展開してゆく様からも、クライトンがこの小説をジュブナイルとして書き下ろしたことがうかがえる。
「子供と、かつて子供だった大人のために」
『ジュラシックパーク』は、コナン・ドイルが『ロストワールド』にこめた、全世代向けジュブナイルのスピリットを、正当に継承した一編であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示