サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品10%OFFクーポン(1120-22)

電子書籍

原因を推論する みんなのレビュー

  • 久米郁男
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

原因を推論する 政治分析方法論のすゝめ

原因を推論する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NAOKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

研究分析に必要な方法(約束事や注意点)を多数の事例を用いて解説している。本書には統計学や計量分析のテキストだけでは得られない研究に対するエッセンスが詰まっている。良い研究は、良い研究デザインを提示できるかにかかっている。根本の捉え方が違ってくると、研究の質は落ちてしまう(意味をなさなくなる)。研究とは非常にシビアなものだと感じた。実証系の政治分析には、政治現象を説明する一般法則の発見と、その政治現象が生じるプロセス自体の解明という二つの目的があり、因果推論はいずれにも伴う。どんな方法が適切かを常に意識して研究センスを磨きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示