サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0820-23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍

社員の見える化 みんなのレビュー

  • 長尾一洋 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

社員の見える化 1能力 2心 3価値観 市場縮小の時代だから、「人の資産」の見える化

「社員」は人間です。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は、著者のいう、会社の「社員」は土地・建物・設備・工場といった「資産」と同じ、という考え方に組しません。何故なら「社員」には感情があるからです。叩けば痛いといいます。欲望もあります。悩みもあります。「社員」は何よりも人間なのです。
 確かに、「社員」は会社の利益に多大な影響を及ぼします。優秀な「社員」はたくさんの利益を会社にもたらすでしょうし、劣った「社員」は損害を与えるかもしれません。
 だからといって、感情をもたない土地や建物といった「資産」と同列に考えていいのでしょうか。「社員」は人間だからこそ、面白いし、難しくもあるのです。

 「社員の見える化」が必要なのは、そういった感情をもった人間だからだこそです。本書のなかでは、「能力」「心」「価値感」を見える化することだと書かれています。それはけっして「資産」の有効的利用という観点ではなく、公平に評価をすることであり、成長を促すということでなければなりません。
 「社員」は不公平であってはいけません。成長をとめてはいけません。会社は「社員」を成長させることで、利益を生み出すと考えるべきです。

 そして、「社員」は自ら進んで「見える化」をすべきです。
 見えない「社員」に会社はどんな評価もしないでしょう。そのことで不満をもってはいけません。「見える化」の努力をしない自分自身を責めるべきなのです。
 つまり、「社員の見える化」とは、会社と「社員」の双方に必要な技術だといえます。会社とは、感情をもった人間の集団だから、面白いのです。

 もし、双方が見えないとすれば、これほど不幸なことはありません。暗闇を手さぐりで求め合うようなものです。双方が傷つくのがオチです。
 「見える化」とは、そういう暗闇のなかの一筋の明かりなのだということを、会社も「社員」も知るところから始まります。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示