サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

ローマ帝国愚帝物語 みんなのレビュー

  • 新保良明 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ローマ帝国愚帝物語

紙の本ローマ帝国愚帝物語

2012/04/23 23:48

「テルマエ・ロマエ」のおかげ?

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今度映画化される「テルマエ・ロマエ」は一方の舞台は五賢帝の一人ハドリアヌス帝の時代だが、この本に出て来るのは、ある意味有名なローマ史の暴君達である。旧版に出て来る皇帝達の列伝をバラバラにして再編成されているが、旧版に出て来る当時のコインや遺跡の写真がなくなって復元画が挿絵になっているのは残念なところである。
 それはともかく週刊誌のような内容を含んでいるが、読みやすい文章なので、復刊したのは喜ばしいところだ。復刊に「テルマエ・ロマエ」が関係しているかどうかは分からないが。皇帝たちの生涯を通して見えてくるのは資料からは見えづらい当時のローマ社会の姿である。
 「テルマエ・ロマエ」にはバル・コホバの乱を鎮圧しにエルサレムに赴くハドリアヌス帝に随行する主人公が出て来る。イスラエルのナハル・ヘヴェルからバル・コホバ直筆の手紙が見つかっているが、もしエジプトかイスラエルか、でローマ皇帝直筆の手紙が見つかったら、どう伝えられるだろうか、と想像する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示