サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1023-26)

電子書籍

死にとうない みんなのレビュー

  • 著者:堀和久
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

死にとうない 仙厓和尚伝

紙の本死にとうない 仙厓和尚伝

2016/11/30 09:04

悟りとは?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供だましのような絵に驚くような讃をサラリと書いた和尚の伝奇小説。
中絶に失敗してこの世に生まれ、意気地なしの父親に圧死されず、山に棄てられたが、2日経っても生きていて、木こりに拾われ家に戻された。
しかし、そんな子どもだから厄介者であり、近くの寺で遊んでいるうちにその和尚に懐いて、坊さんになってしまった。
貧弱で醜いことから「四国猿」といじめられながらも精進し、出世の道を歩む。
しかし、それは挫折に次ぐ挫折で、崖から身を投げたこともある。
それでも死ねず、最初の悟りを得た。
何度も悟りを得るものだが、
最後の悟りは臨終の間際だった。
発した言葉は「死にとうない」「ほんまに、死にとうないのう」であった。
長年に渡る父母への頑ろうなしこりを解いて、一生を終えた。

どんな醜い過去も輝いている今の為にあった。
懸命に生きている限り、何度でも悟りは開けるものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示