サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

電子書籍

最強のリーダー育成書 君主論 みんなのレビュー

  • 著者:鈴木博毅
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

最強のリーダー育成書「君主論」

非情になれるか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学や高校の頃に授業で習ったことはどこまで役に立つか、議論はあると思いますが、最近は特に「教養」という言葉を聞くように、中学高校に習うことはそのあとの人生にとってとても大切なのだと思います。
 例えば、この本のタイトルにある『君主論』も中学高校で一度は耳にしたことがあるはず。著者の名前ぐらいはすらっと出て…来ませんが。
 『君主論』は今から500年前の1500年代にイタリア・フィレンツェのニコロ・マキアヴェリが君主のために書いた本です。
 その本をテキストにして、ビジネス戦略のコンサルタントでもある鈴木博毅氏は「あらゆる時代、グローバルに通用するリーダーの原理」を描こうとしています。

 「マキアヴェリズム」という言葉があります。「目的のために手段を選ばない」考え方です。『君主論』を書いたマキアヴェリの名前から来ています。
 なんと非情で冷徹な考えかと思う人も多いと思うでしょうが、鈴木氏は『君主論』にはそういう非情を持ってしても理想を実現せよと教えているのだといいます。
 そのよき例が「ケチであれ」ということです。
 『君主論』にはこうあります。「君主はけちだという世評など意に介すべきではない」。(この本にはその章に関連した『君主論』の抜粋が紹介されていますし、巻末には「超訳 スッキリ読める『君主論』も掲載されているので、『君主論』を読んだことがない人も気にすることはありません」
 これに鈴木氏は「「美徳」に見えて不幸な結果になることは、避ける」と章だてしています。
 リーダーは時に部下に強く接しなければなりません。甘い言葉で接していれば、その時はいいでしょうが、部下の成長にもなっていきません。あるいは、会社は発展しません。
 鈴木氏は『君主論』から読み解くのは、そういう強いリーダー像です。

 この本はビジネス本としては難解かもしれません。それゆえでしょうか、一文一文がとても短い。二行にわたる文章はほとんどありません。容易な言葉で短い説明だから、難解だと感じることも少ない。
 さて、あなたはこの本を読んで非情になれますか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示