サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

池上彰×津田大介 テレビ・新聞・ネットを読む技術 みんなのレビュー

  • 著者:池上 彰, 著者:津田 大介
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

池上彰×津田大介テレビ・新聞・ネットを読む技術

読む技術の基礎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネットだけでは「世間」は変わらない。人が「変わらないと」と語る津田大介氏の言葉に大いに納得。両者は「伝える事の難しさ」を語るが、同時に「伝える大切さ」も語る。伝えられた側の「読者」は読むだけじゃなく、それから読み取れる「情報」を自分の頭で考える。インプットだけじゃなく「アウトプットが大切」と師匠・池上氏の経験から語られる言葉には大いに反省。本書には、難しい事は書かれていない。だが、読み終わった後「リテラシー」の重要性を大いに感じる。中国でネット監視をしていた留学生が、面白日本情報にふれ「日本好き」なった話や、マスクをしているただのおじさん風の「池上彰」を見つけて、相談してくる学生の話には笑えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池上彰×津田大介テレビ・新聞・ネットを読む技術

情報リテラシーを高めるための参考になる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報が簡単に豊富に得られる世の中、多過ぎる情報の中からいかに
正しい情報を得るかが大事。

その辺の事情を池上氏津田氏が論じ合う。

テレビ、その中でも池上氏の出身であるNHKはスポンサーが無い分
民放よりも自由度が高いという意見には納得させられた。

情報リラシーという言葉が本書で出てくるが、その力を高めるヒントを
得るのに適した本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示