サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

電子書籍

その「正義」があぶない。 みんなのレビュー

  • 小田嶋隆 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

その「正義」があぶない。

紙の本その「正義」があぶない。

2011/11/22 12:35

原発中心の話題が多かった感じの前著より多彩な感じに

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミルシェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原発中心の印象が強かった「地雷を踏む勇気」と比べて、本書の方が話題が多彩になっている感じです。
やはり、特に政治、もしくは絡んでいる箇所に関しては、賛同できる箇所とできかねる所半々など、微妙です。有権者の政治家の軽視・侮蔑と、また、まるで想念が現実化するかの如く、そういうレベルの政治家の誕生が相次ぐ悪循環の構図については、以前から私も何十年も心配していた事です。マスコミの政治報道の問題点についても、政治記者のコラムの内容の低さおよび、特に平成に入ってから著しく内容の劣化が目立つというのも、常々私も感じていた所です。国会論戦をまるでゲームのように「戦闘モード」なんて表現してみたり。
ただ、以前からご本人が投票した事がない、特に政治家に期待していないと表明している小田嶋氏が、有権者のこのような姿勢に注意を呼びかけても、説得力に欠け、提言としても、静かに政治の動向を見守り、投票で意志表明しようという、消極策に留まっているという印象は拭えません。
 


それから、いわゆる「小沢ガールズ」という呼称を例に挙げて、政治記者の女性議員を馬鹿にする傾向の報道が目立つのでは?という指摘に関してですが、「小沢ガールズ」という呼称は、そもそも、かつての「小泉チルドレン」のように、単なる小沢一郎議員の陣笠・子分議員候補者という意味での、揶揄が込められた呼称でしょう。そう読み取るべきでしょう。私もこの人達は、一人前の議員としては認めたくありませんし、今後にも、何の期待もしていません。小田嶋氏の指摘に関する続きですが、確かに、女性議員に対する、男性議員・男性記者等政治関係者の偏見も、まだ強いとは思いますが、同じ女性で一時は日本の政治に期待をまだ持っていた時期もある、一有権者の印象から言わせていただくと、ここ数十年を見ていても、さしたる功績も見当たらない、明らかな小沢子分候補者の女性議員や他の政党の数々の、お嬢様世襲議員・お飾り女性議員・本職に行き詰まり転職組、あるいは単なる自己実現・名誉欲組の女性タレント・キャスター議員達を見て、誰が真剣に政治を志して、女性議員になりたいと思うのでしょうか?



それに、なぜ国会中継で取り上げられる女性議員といえば、民主党では蓮舫議員など、ごく特定の少数の女性議員達ばかりなのか?という問題等。それに、媚びないようなイメージをアピールしている感じの、蓮舫議員にしたって、政界での立ち回りがかなり上手いようですし。ある政治記者の話によると、野田グループなのに、小沢詣も欠かさないようですし。ただ、私も島田紳助の出馬の可能性に関しては、他のコラムニストにも危惧して指摘している人々も、何人か知っており、十分あり得る、そしてその後の彼の栄光のシナリオも十分実現し得る可能性については、いくら政治に嫌気がさしている私としても、憂鬱な予感を感じています。




枝野幸男議員の島田紳助の芸能界引退を惜しむのかような発言については、むしろ、彼の政治家としての見識に、疑問符を付ける箇所ではないでしょうか?
彼の態度から、政界自体が紳助の出馬を歓迎しているのではというのは、深読みし過ぎな気がしました。とはいえ、なりふりかまわず恥も外聞もなく、参院選となると比較的政党自身の軽視傾向もあるのか、タレント候補者を乱立させ、更に政治を貶め、私を深く失望させ続けている政党ばかりですから、そういう面が、絶対にないとは言い切れませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示