サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

権力の終焉 みんなのレビュー

  • モイセス・ナイム(著), 加藤万里子(訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

権力の終焉

紙の本権力の終焉

2016/05/07 21:09

権力が劣化したメカニズムや如何に?

人中、人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:般若泡とネクトル - この投稿者のレビュー一覧を見る

技術の進歩による貧困国の寿命増大、発展途上国での都市への人口の移動および増大した中間層の個人的充足や自由の追求といったものが大きな構造的背景にあり、政府、政党、軍隊、大企業や宗教団体といった既存権力への挑戦の障害となっていた事柄が、その他詳細要因にもよって、いかに劣化され、それら既存権力がいかに勢いを失ってきたかが、非常に厳密に、また、体系的に ー 例えば、我が国でも身近に感じる既存政党のパワーの劣化が、グローバルで構造的に起きてきており、それがどの様なメカニズムで起こってきているのか等が詳細に分析され ー 記述されている。

 題材としては、ニュース等を通じ断片的に見聞きしている事柄が大半だが、それらを鳥瞰的に、細部に渡り体系的に把握し、分析する著者の非凡な能力は圧巻レベルであり、終止、目を見張りながら読み進めた。

 著者は、リビア生まれのべネズエラ人で、MITで理学修士・博士号取得、べネズエラ開発相、世銀理事やフォーリンポリシー編集長経験者であり、ラテン世界の高名な論客との事。

 個人的には、読後、テクノロジー起因以外の部分で、ポエニ戦役を通じて成長していったローマに対比し、ギリシャが衰退していったメカニズムとの類似性やその帰着点に、思いを巡らさずにはいられなかった。

 本書は、紛れもなく現代の文明の一面を鋭く抉る視点を与える大著だと考える。

 私的考察ではあるが、”イノベーションのジレンマ”の中のクリステンセンの視点と併せる事で、読者は、現権力保持側にこの先何が起こるのか、何をなすべきかの輪郭がよりはっきりと見えるのではと考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示