サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

天使の代理人 みんなのレビュー

  • 山田宗樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

天使の代理人 上

紙の本天使の代理人 上

2010/09/25 16:40

胎児が「1つの命」となるのはいつ?

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本来、助産師は産まれてこようとする命を迎えるお手伝いをするのが仕事。でも、現実はその命を消し去ってしまうことも多い。主人公:桐山冬子はそういった仕事にいつしか慣れてしまうが、ある日、妊娠後期での中絶手術の最中に死んでいたはずの胎児が一瞬動いたのに気づいたとき、胎児の生きる力を目の当たりにした。そして病院を退職し、これ以上人工中絶に携わることのないフリーの助産師として妊婦さんのお手伝いをすることにした。
その傍らで、自分が経験してきた人工中絶の現場を綴った本を自費出版する。
その本をきっかけに人工中絶の数を減らしたいという若い助産師たちと出逢い、「天使の代理人」という団体を作る。それは表には決して出てこない団体。なぜなら違法行為をしているから。妊婦たちの情報漏洩。中絶手術を予約したがまだ迷いのある様子の女性に会って説得するという活動を行っている。けれど中絶手術をやめるようにと強要することはしない。決めるのはあなた。そう言って去るわけだ。

お昼のドラマをきっかけに手にした本。あたりまえだけれどドラマに描かれていない部分も多い。冬子が何故「天使の代理人」という団体を作るに到ったか、それが丁寧に描かれている。
やはり女性にとって「妊娠」「中絶」というものは簡単なものではない。本書の中に登場する助教授が言うのが「胎児は女性の一部。内臓のようなもの」。胎児はいつから1つの命になるんだろうか。
受精した瞬間から? 母体から出た瞬間から?
人工中絶が必ずしも「悪」ではないと思う。例えばレイプされて妊娠した場合とか。それでも「人工中絶」という処置が更に女性の身体と心を傷つけてしまうのは事実。こういう加害者は人の命の重さがわかっていない。もっと処罰を重くすべき。そう思う。

冬子がフリーの助産師となる平成5年とその10年後の平成15年のできごとが交互に綴られていく。一人で勝手に中絶してしまった未成年の女の子。結婚して5年目でやっと授かった子供を同姓同名の他人と間違えられて中絶させられた女性。身近な男に幻滅して結婚はしたくないけれど子供は産みたいと精子バンクから精子を取り寄せる女性。年上の俳優との間に子供が出来てしまった人気絶頂のアイドル歌手。彼女たちがどのように考え、どのような決心をするのかよく見て欲しい。

しかし、「妊娠」「出産」「中絶」は女性だけの問題じゃないのに、あまり男性側の気持ちが出てこないな。あえてそうしているのだろうか。ちょこちょこ男性側の言葉が登場するけれど、それはまるで他人事のような・・・。自分の身体には変化が起きないわけだから、当たり前なのかもしれない。

下巻ではどのような展開になるのか、じっくりと読んでいきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使の代理人 下

紙の本天使の代理人 下

2008/05/27 00:29

切望

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

出産も中絶も経験のない私にとってはあらゆる意味で衝撃的でした。
中絶が日常茶飯事なことは漠然と知っていても、法律はどうなっていて、どういう理由で実施されているのか。想像すらしたことがありません。
関心がないことが既に罪であるということに気付かされます。
人はどんな理由で出産や中絶を決意するのか。胎児は人なのか?
男性である作者の痛い程の「願い」を感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使の代理人 下

紙の本天使の代理人 下

2010/09/30 13:42

「人工中絶」というテーマの宿題を与えられた気分

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えた今、一番感じるのは、この作品を男性が描いたということへの驚きだ。妊娠について考える女性の複雑な思いがリアルに表現されているように思う。文庫の最後に多くの参考文献が紹介されている。この作品を産み出すまでに、著者がどれだけの力を傾けたかということを表しているようだ。

中絶手術の申し込みをしたものの、まだ迷っているようだという女性を説得するために活動していたはずの「天使の代理人」が、いつしか運営者の冬子の思いから離れて一人歩きし、「絶対に中絶してはならない」という脅迫まがいのことをするようになってしまった。冬子の思いは違う。産まれてきたがために、母子ともに破滅してしまうケースもあり得ると考えているのだ。その過激な活動がある不幸な事件のきっかけとなってしまった。ここで「天使の代理人」の活動はターニング・ポイントを迎える。

男性は信用できないから、精子バンクを利用して自分だけの子供を作るといって妊娠した女性。彼女は出生前検査で胎児に障害があるとわかったら迷わず中絶を選ぶような女性。完璧な子供しか要らない、そうでなければ精子バンクを利用して妊娠した意味がないと考える。検査の結果は? そしてそれを知った彼女の決断は・・・。

妊娠・出産。一度も考えたことのない女性というのはいないだろうと思う。その言葉に対する思いは人それぞれだろう。自分の身体に宿った胎児は誰のものなのだろうか。宿した女性の思うがままにして構わないのだろうか。いろんな考え方をする女性が本書には登場する。それぞれ、いろんな言葉を持っている。だけれど、誰もがその自分の言葉に対する迷いも持っているわけだ。自分の意思は揺るがないと思っていたって、いざ目の前に事実を突きつけられたら、どうすべきなのかわからなくなる。不安になる。

本書は「中絶=悪」ということを訴えているわけではない、と思う。「妊娠・中絶」について、読者のみなさん考えてください、と言っているように思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示