サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

パレード みんなのレビュー

  • 吉田修一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

パレード

紙の本パレード

2007/10/14 21:33

満室という空室

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これほどリアルな若者を描いた小説を、私は知らない。18歳から28歳までの男3人と女2人の2LDK共同生活者たちがそれぞれ一章ずつ、自分とそこにいる彼らを冷静に見つめ告白していく構成をとっている。友達とも恋人とも、ただの同居人とも家族とも言い切れないあいまいな関係を片手に、彼らはそれぞれの人生を生きている。
「最近の若いもんは人情味がない」と言われる今日だが、私はそんな「今時の・・・」が嫌いではない。もちろん人情の無い付き合いがいいとは思わないが、それでも無関心がこの上なく温かいと感じることが時としてあるからだ。道の真中でスッ転んでも知らん顔して通り過ぎる人々、大失敗をして落込んでも噂にすらならないという世界の大きな無関心、そういうものが救いになることもある。
「私は初めて、世界の優しい無関心に心を開いた」・・・カミュの『異邦人』の最後を飾る言葉、この一説をふと思い出した。
彼らの生活はリアルでありながらバーチャルである。厳しく容赦無い現実に生きている自分と、それを見つめる「彼ら」がいる。5人共にアパートの中にもう一人の自分を感じ、アパート用の「自分」を演じ、優しい無関心に包まれて安住し続ける。「このマンションはいつも満室だけど空室」彼らの『アパート用のもう一人』達でそこはいつも満室で、けれど実はそこは、決してお互い傷つけることの無い空室なんだということに安心して・・・彼らはそうしてようやくこの都会で生きていける。
ラスト3行が私に訴えた恐ろしさを私は忘れない。
世界の優しい無関心。甘い誘惑。空室と思っていたそこに、本当の自分は大切なものを置き去りにしてはしないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パレード

紙の本パレード

2005/01/12 10:48

軽い感じの内容かと思いきや…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とっても良くできたストーリーだと思いました。最初の方は能天気な軽い感じのお話かと思って非常に読みやすくどんどん進んでいきましたが、最後の方になるにつれ、あれ?って思い始めて、最後はえ〜? そうだったの?みたいな感じで、もう一度読み直してしまいました。全く最後の最後まで気づきませんでした。これってミステリーってことになるんだろうなあ…。でも途中までは全然怖くないし、逆にあまりにも平和で何も考えてないみたいに表面的には見えて、実は奥が深いです。かなり面白かったです、私的には。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パレード

紙の本パレード

2017/08/25 15:07

行定勲監督映画化原作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

平凡なルームシェアに隠されている思わぬ展開には驚かされました。それぞれの若者たちをスケッチスタイルで描いているところが良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パレード

紙の本パレード

2010/11/21 08:48

青春群像の詩

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

パレード 吉田修一 幻冬舎文庫

 殺人事件が始まる推理小説だと思って読み始めました。違っていました。高校生の頃に読んだ推理小説小峰元(はじめ)著「アルキメデスは手を汚さない」のパターンかと予測しましたが、やはり違っていました。青春群像小説と思って読み続けました。違っていました。「詩」でした。読んでいると胸が重苦しくなってくる作品です。人間生活の悲哀があります。どこに行っても、どこに居ても同じ。新世界なんてないという行き詰まりを表した作品でした。
 21歳大学生杉本良介の「桃子」と名付けた愛車中古マーチは10km走る前にエンストしてしまう。俳優の恋人である大河内琴美23歳無職は、売り出し中の若手俳優丸山君からの電話を待ち続けるだけの毎日。相馬未来(みらい)24歳は売れないイラストレーター、住所不定者18歳小窪サトル(こくぼ)は男娼、主人公らいしいけれど存在感の薄い伊原直樹28歳は、映画配給会社勤務。彼らが2LDKの賃貸マンションに同居しています。
 10年前の本です。580円のコンビニ弁当は高い。ネットの「チャット」とか「BBS」いう言葉はなつかしい。同居する5人には家族関係もなければ恋人関係もありません。家賃分担のルームシェアです。されど交流はあります。彼らは仲間を欲(ほっ)しています。擬似家族。擬似きょうだい。そして、各自には、表と裏の心理があります。
 サトルが指摘するように、他の4人は、だらけた生活です。自分を甘やかしている人たちです。小説の構成は5人がひとりずつ語っていく形式です。個性がひとりずつ詳細に記述されるので、読みながらだと、総合的な合体感がありません。前半部は文章がリズムにのってうまく流れている印象がありますが、饒舌(じょうぜつ)で、作者は自分に酔っています。それでも時間移動の文章さばきは上手です。この本を読むと自分が20代になった気分になれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パレード

紙の本パレード

2016/05/31 00:35

めくるめく視点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wktk - この投稿者のレビュー一覧を見る

共通したことなのに主人公によって見え方や捉え方が各々違うのが観点として面白かったです。個人的にはこういう生活はしたくありませんけどね(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パレード

紙の本パレード

2016/04/27 00:21

読んでみたら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

思いもしなかった終わりかたでした。

サスペンスやスリラーでもないのに。

もう少し嫌な気分になってもいいと思うのだけれど

時間の経過と共になんとなく受け入れてしまった。

面白い小説かと訊かれれば

「面白くはないよ」と答えるだろう。

でも「読んでみたら」と勧めるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パレード

紙の本パレード

2015/09/23 18:13

面白くないけど良くできている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けy - この投稿者のレビュー一覧を見る

何か特別なことが起こるわけでもなく、淡々と物語が進んで行く。
とても現実的だが、まるで日記を読んでいるかのようで、楽しくはない。
パレードというのはマスカレードのことなのかな?
直輝のことを皆が知っているかどうか分からない。直輝は皆が知っていると考えているが、真相は不明。
誰もが毎日をつまらなく過ごしているけど、実はありえないことが起こってたりするんだよ、それって不気味だね、ということを伝えたいのだと思った。私の考えは、直輝が自分たちの部屋を眺める場面やら、交通事故やらの辺りから読み取った。
これが当たってるのかは分からない。別の解釈も色々あると思うが、そうやって考察の余地を残しているところは上手いと思った。
面白くないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

パレード

電子書籍パレード

2012/07/01 23:28

感覚が古い

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:euchung - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物たちの様子、行動パターンが古いです。
若者の気持ちには、時代にかかわらず変わらない部分があると思いますが、生態は時代により大きく変化します。パレードの登場人物たちは、まるで80年代の若者のよう。

作者は私と同世代のようですが、自分が若かったときの感覚で止まってしまっているのかな?
話自体は面白いのか、つまらないのか分かりませんが、とにかく、そこが気になって最後まで読めませんでした。

逆に、その世代を知らない人なら、違和感なく読めるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

パレード

電子書籍パレード

2017/08/15 18:13

読んでみたものの…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ん?
結局、何となく心地いい生活のために…ってこと?
この小説は90年代をイメージしているのかと思ったのですが、登場人物とほぼ同じ世代にもかかわらず、いまいち共感もできず、最後のどんでん返しとやらだけに期待してたのですが…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示