サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1023-26)

電子書籍

Aコース みんなのレビュー

  • 山田悠介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

Aコース

紙の本Aコース

2007/05/16 17:04

「グダグダ系高校生」の描写がリアルな小品的作品

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いえぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「リアル鬼ごっこ」で、ベストセラー作家の座を射止めた山田悠介氏による作品です。文庫書き下ろしで、四百字詰め原稿用紙換算二百五十枚強の分量です。言わば小品的なニュアンスを持つ作品と言ってもいいでしょう。
 高校生五人組が、超リアルな仮想空間体感ゲームの中に入り、バトルを展開していくという筋になっており、一見、特に目新しい感じはしません。「リアル鬼ごっこ」をはじめ、各作品で独創的な部隊設定を展開している山田氏にしては、ありきたりだと、感じた方もいるかも知れません。
 その感覚は、ある面では当たっています。作品中では、スピード感のあるアクションが展開されていくものの、そのどれもが、ある種想定の範囲内で、少なくとも筆者を驚かすには至りませんでした。
 ですが、決してつまらなかったわけではありません。むしろ、本作品は、「リアル鬼ごっこ」などにおいて、キャラクターを、作品世界を見せるための道具、つまり、シチュエーションが主でキャラが従とするシステムで組み立てていたようにも思える山田氏が、新たな方向性を見出したとも見ることができるのです。
 それは、キャラクター。しかも、圧倒的に格好いいとか、格好悪いというのではなく、適度にグダグダ感を漂わせた、きっちり現実的な範囲でダメな高校生五人組を少ない枚数で描写できているところに、本作の魅力はあります。自分のことを賢いと思い込んでいるが、実際はそうでも無かったり、能力があると自分では思っているのに、現実はそうではなかったり。こうして文にして見るとかなりイヤな感じがする高校生たちを、嫌味な感じではなく、未成熟が故の明るさ、爽やかさが裏に見えるように書けているのには正直ビックリしました。小説では、ありそうでなかなかない高校生像だったと思います。この作品で提示された、山田氏第二の武器の威力は、かなりのものがあると、個人的には感じました。
 ただ、折角のキャラクターを活かすのなら、非日常に投入したりしないで、高校三年の夏休みという、人によってはかなりグダる日常を活かしても面白かったようにも思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示