サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1016-19)

電子書籍

×ゲーム(バツゲーム) みんなのレビュー

  • 山田悠介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

×ゲーム

紙の本×ゲーム

2008/01/10 16:21

起こってほしくないスリル

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生くらいの頃に×ゲームをやった記憶はありませんか?
何かのゲームで負けたり失敗したりするとやる羽目になってしまうアレです。中には本来のゲームよりも×ゲームの時の方が盛り上がっちゃったりした記憶もあるのではないかと思います(笑)
×ゲームに熱が入ってきちゃったりすると「好きな人に告白」とか「これから初めてあった人に告白」とか「誰々に告白」とかいった類の×ゲームがなぜかあったりします。
この書籍はそれがルーツになっている話です。
ある事件が起き、主人公の周りに浮かんできた1人の人物。その事件には主人公が昔にした×ゲームが深ーく関わっていて・・・
とにかく薄ら寒くて「うわー・・・」って言ってしまうような恐い話です。
現実には有り得ないと思うものの、ものすごくリアリティを感じざるを得なくて、顔をしかめつつ手に汗握りつつ鳥肌を立てつつ、時には驚いたりある意味で感心したりしながら読みました。
この著者の書籍はどれも読みやすくて現実感のある異色(人間の恐い一面を全面に押し出したような)ものが多いのですが、これも例に漏れません。
ぜひ読んでみてください。オススメです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

×ゲーム

紙の本×ゲーム

2017/03/08 21:04

非日常が欲しい人へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いてぃまとぅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かわり映えのない日々にほんの少しのスリルと非日常感が欲しい人は是非読んで欲しいです。何とは言えないけれど、読んでいる自分の中で新しい一面を感じる事が出来るかも知れません。
私は、この本を読んで「日常にありそうで無い非日常」を知る事ができました。通学、通勤という日々の動作の中、たった一冊の本を読むだけでこんなにも世界の見方が変わるのなら…お金だの時間だのつまらない事を気にせずに、何気ないところでわかる人間の心理や行動などを本から読み取る楽しさを知る事が出来るのなら、何度でも本を買い続けよう、と思える一冊です。どんでん返し大好物!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

×ゲーム

紙の本×ゲーム

2015/08/28 14:10

罰ゲーム

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔いじめていた女の子に罰ゲームで告白したら大人になってから、その子がストーカーと復讐を始めるという話ですが、ありがちな感じのままです。小学生の高学年ぐらいまでなら読んでも面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示