サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

電子書籍

いつも心にクールギャグを みんなのレビュー

  • デーブ・スペクター (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

いつも心にクールギャグを

紙の本いつも心にクールギャグを

2011/10/28 21:51

著者の日本に対する日本人以上に深い愛情を見た思いがする

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 テレビで活躍中のタレント/放送プロデューサーの著者がテレビで言うチャンスを逃したギャグを以前からツィートしてきたところに東日本大震災が発生。
 未曾有の大災害に日本中が呆然としている中で、自分のクールギャグが少しでも人々の心を明るくできるのではないかと続けたツィートの数々をまとめた一冊です。

 クールギャグのクールとは「かっこいい」と「寒~い」の両方の意味を併せ持つ言葉。
 そのつぶやきの多くはいわゆる親父ギャグ的なダジャレですが、少し気の利いた言い方をするならば、自由律の川柳といった趣のものです。
 頁を繰りながら、幾度もクスリと笑わせてもらいました。

 思い返すに、ある民放テレビ局が震災被害をもてあそんだ不謹慎なテロップを誤って放送してしまった事件がありました。あのおふざけに被災地のみならず日本中の人々が憤りを感じた一方で、この著者が震災後につぶやき続けたギャグの多くに確かに心ぬくもる思いがするのはなぜでしょう。

 あのテレビ局とこの本の著者の最大の違いは、前者が自分の慰みのためにおこなった後先考えない浅はかで悪趣味な冗談であったかたわら、後者には間違いなく震災後の日本とそこに暮らす人々に対する深い愛情があることです。

 この本の262頁に東京スポーツの記事が掲載されていますが、そこには著者が震災直後アメリカのメディアにノーギャラで出演し続けて、外国メディアが思うようなパニックを起こすべき状況に日本はないこと、自分は決して日本を出るつもりはないことを切々と訴えていたことが書かれています。そこには、豊富な情報量に裏打ちされた著者の深い見識、冷静な判断、そして繰り返しになりますが、日本への強い思いが確かにあるのです。
 
 がんばろうニッポン。
 そのことを伝えるひとつの特異な書として私はこの本を読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示