サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

骸の爪 みんなのレビュー

  • 道尾秀介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

骸の爪

紙の本骸の爪

2009/11/30 13:16

あなたの決断や行為の影響

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作『背の眼』に続く道尾・真備シリーズ。
舞台は三重県に近い滋賀県の南、瑞祥房という仏所。
ホラー作家の道尾秀介が小説の取材で
造仏師とその工房を訪れます。

山の奥深くにある瑞祥房は
世間から隔離されているかのよう。
そこで女性的な美貌を備えた房主の松月、
職人の魏沢、岡嶋、鳥居、弟子見習いの麻耶、
そして庭師の唐間木老人に出会います。

厳しい修行のような職人の生活は、
小さな仏が飛ぶように売れるお正月を前に
忙しさを極めています。

ふとした手違いから瑞祥房に宿泊することになった道尾は
その夜、工房の千手観音像が「大口をあけて大笑い」しているのを見たのち、
男の痛切なとぎれとぎれの声を聞きます。
そして祠の鴉枢沙摩明王は割れた頭から血を流しています。
部屋に戻り、布団を被れば、その周りを誰かが動いている音が――。
そして翌朝、岡嶋が失踪していることが判明します。

暗闇で次々に起こった怪異現象を探るうち、
道尾は工房の秘密に触れてしまい、追い出されるように下山。
そこで零現象を探求している真備を訪れることになります。

工房の謎は20年前に、天才仏師といわれた韮澤隆三と
松月の妹茉莉の失踪に由来します。

真備の謎ときは、連続失踪事件が起きている最中に行われ、
緊迫感を漂わせながら、人々の疑念、勘違い、不作為の行為によって
人を追い詰めていく過程が明らかになっていきます。

それは誰が悪いわけでもなく、
誰もがそのような糸のなかで生きています。
それが「偶然の幸福」になることもあれば
「偶然の不幸」になることもあります。

しかし仏像というモチーフを用いている以上、
やはり「因果」ということを思わずにはいられません。
因果応報というように、一般的には
原因だけが結果を引き寄せるように思われますが、
釈迦は直接的な要因と間接的な要因によって
結果がもたらされると説きました。

このような結末をもたらしたすべての要因を解き明かす。
それは探偵という神(仏)の視点を持った人物を必要とし、
ミステリーと因果の深い関係を改めて感じた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

骸の爪

紙の本骸の爪

2016/09/11 20:00

仏師も業を背負い生きている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

真備シリーズ、これで完読。今回は天台宗の寺と仏師、仏像にまつわる話だった。真言宗だけど密教を学んだ私にとってはちょっと身近だったな。寺関係の友に勧めてあげたい。わたしよりもずっと仏像や真言に親しみ、詳しい子が多いからな。お話はやっぱり悲哀に満ちていたし、ほら今回も勘違いでね、悲劇になってしまった。道尾さんいつも勘違いがベースなんだよな。それにしても、仏像やご真言についてよく調べている。こういう隙のない物語の仕上げ方がとてもすごいと素直に思う。生半可な知識じゃここまで深く切り込んだ小説は書けないはず。天晴。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

骸の爪

紙の本骸の爪

2016/10/09 19:25

謎の設定が好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は頭から血を流す仏像、という謎。このシリーズ、毎回、テーマがユニークで、いいです。また、見事に、伏線も回収され、前作よりも面白かったと思います。真備、道尾、北見の三人のトリオが好きですが、今回は北見さんの出番、存在感が薄かった点が残念でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

骸の爪

電子書籍骸の爪

2015/12/25 23:47

伏線が

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MO - この投稿者のレビュー一覧を見る

どなたかも書かれていましたが、伏線が多すぎて後半少しついていけませんでした。説明が多くて、ちょっと冗長なところがあるように思います。
でも、何回どんでん返しがあるんだ!?という感じで楽しめました。
「友達だったのに」という下りが、私にはとても寂しく残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示