サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1023-26)

電子書籍

みなさん、さようなら みんなのレビュー

  • 久保寺健彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

みなさん、さようなら

紙の本みなさん、さようなら

2013/01/18 18:48

家に戻って、再び平常心で団地から出られるか気になるところ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:結子*uco* - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画の予告を観て面白そうだと思い、原作を読んでみました。
団地の敷地の中から出ない主人公・悟。
小学校の卒業式で起きた刺殺事件をきっかけに、中学校に通うこともできなくなってしまった。
団地の敷地から一歩外に出ようとするだけで過呼吸になってしまう。

団地の中にいれば安心という思い込みから、団地の中(といってもすごく大きな団地)の中で日々を過ごす。
そんな悟を気味悪がる住人たち。

そして団地を守るため、体を鍛えて、団地の中を毎日パトロールし、同級生の家を見て回り、無事に帰宅したかどうか確かめなければ気が済まないように・・・
作中には出てきませんが、病的なまでに繰り返されるこの行動は、強迫性障害です。
テレビの取材にも応じ、自分自身を団地のヒーローとばかりに答えている。イタイやつ。
彼女に対しても、自分の時間を邪魔されたら怒り、相手の気持ちを考えないという身勝手さも垣間見られてイヤなやつとも思った。
団地という狭い世界の中でヒーロー気取ってるんだから、そうなってしまうのも仕方ないのか。

団地の中のケーキ屋で働いて、団地の中で恋をして。
母親もそんな彼を受け入れてる?のか、甘やかしてる?のか、団地の中だけでも暮らせると言ってます。
当然そんなのは長く続かず、団地の中でも成り立っていたお店も閉店しはじめ、譲り受けたケーキ屋も、一緒に経営してた友人が欝になり突然死に、恋人も外の世界に出てしまう。

最後に、、、悟は無我夢中になって、あれだけ苦しい思いをした境界線越えも無意識に通り抜け、団地の外に出られるようになるんだけど・・・
もっと早く、嘘でもそういう手を使っていれば悟の人生と、悟の人格はより良いものになっていたと思う。
そんなこと言ったら、この物語を全否定することになるんだけどね。

毎日朝5時に起きて仕事に行き、どんなに疲れてても毎日体を鍛え、仕事が遅くなってもパトロールをする。
仕事熱心で、研究科で、努力家。
それと引き換えに失った青春は大きいはず。いくつになっても人生やり直しはきくというけれど・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示