サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1016-19)

電子書籍

ガンジス河でバタフライ みんなのレビュー

  • たかのてるこ (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

ガンジス河でバタフライ

紙の本ガンジス河でバタフライ

2008/09/20 17:05

ハラハラドキドキ

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガンジス河でバタフライ たかのてるこ 幻灯舎文庫

 タイとインドでの女ひとりの旅行記です。1992年2月、作者21歳のときで、今から16年前になります。前置きが長くてなかなか旅が始まりません。
 彼女の行動には無茶が伴い、そういう点で、外国人のパワフルな姿と重なります。今年6月に栃木県日光市で見た、バスを手で制して止めた南米人男性を思い出します。
 何のために、そのような苦難を味わう旅のしかたをしなければならないのか。ふつうなら両親や教師、職場の人たちに不満があってとなるのだが、作者の場合は、本の最後のほうで、それらの人たちが大好きで、とても愛していますと宣言しています。同じく海外旅行好きであった彼女の兄の影響が大きいのでしょう。ただ、親の立場としては、がんばるやり方が違うのではないかとみてしまいました。彼女の場合、親子の対立がそれまでにあって、親としては、もう争っても無理だとあきらめたのでしょう。
 181ページから183ページの記述はいい。日本では首を横に振ると「いいえ」の意思表示ですが、インドでは「はい」の意思表示になるそうです。
 旅は人を成長させてくれます。駅で夜を明かす彼女は、裸の大将山下清画伯のようです。しかもインドの駅です。わたしなら怖くて一睡もできません。296ページ、ガンジス河でバタフライをしながら河の中央へ行くと、とても怖いものに当たってしまいます。(何かは秘密です。)距離感と時間の感覚が、江戸時代の日本のようです。時系列的な書き方はちょっと読みにくい。それから、前半はああでもない、こうでもないという繰り返しの記述と、自己陶酔的記述が読みにくかった。(女性の読者には好まれるかもしれません。)後半になるにつれて、無駄な部分がなくなり、作者の心情がくっきりと描き出されていきます。いい文章です。205ページの景色は、おそらく奈良時代の平城京にもあった景色だと思います。
 作者は、話したいことがいっぱいある人です。よき聞き手が伴侶として望ましい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガンジス河でバタフライ

紙の本ガンジス河でバタフライ

2004/03/09 14:06

普通の旅行記とは違う!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かね - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕は旅行が好きです。
でも、今はそんなに暇がないので、最近は旅行記を読んで色んな
世界を旅した気分に浸っています。
そんな中で出会った本がこの「ガンジス河でバタフライ」です。
この本は本当にオススメです!
著者は、外見は怖いもの知らずなのですが、実は小心者の女子大生。
そんな彼女も大学生活で何か思い出を、として考えたのが海外一人旅。
今まで海外のどこにも行ったことのない彼女がシンガポール、マレーシアを
旅するというものです。その旅の中で、彼女は現地の人はもちろん、屋台で
隣で食べているおっちゃん達とも触れ合い、人と人との触れ合いのおもしろさに
ハマっていきます。そして、日本に帰った後も海外に行きたくていても立っても
いられなくなります。
そして、彼女が次に行くことを決めた国は、タイトルからも分かるようにインド
です。なぜインドに決めたか、なぜ彼女はガンジス河でバタフライをしている
のか、それは本を読んでのお楽しみ!
その理由は、本当に笑いますよ!
でも、笑いだけじゃなく、人や異文化と触れ合い、自分がどう感じたのかという
ことが伝わってくるこの本は他では絶対に味あえないと思います。
今まで一度も海外に行ったことのないと言う人や僕と同じように時間がなくて
旅行に行けないという人、ぜひ読んでみてください。
彼女が出会った人たちと自分がまるで会って話したかのような感覚に
なりますから!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガンジス河でバタフライ

紙の本ガンジス河でバタフライ

2002/03/19 23:27

1人旅デビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すいか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まず表紙にびっくりしました。ガンジス河と思われる河で女の人がバタフライをしてる…インパクトがありますねー。読んでみて、てるこさんに親近感がわきました。1人旅をする人ってものすごくしっかりしててすごいなーって思ってたけど、著者は小心者で怖がりで方向音痴。英語もそんなにぺらぺらではないけれど、もちまえの明るさと好奇心で、色々な人と出会っていきます。この本はアジア編とインド編にわかれていて、初めての1人旅、そして2度目の1人旅の様子が描かれています。
 見知らぬ町で、人と出会い、そして別れていく…。とても楽しんで旅をしている様子にひきこまれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガンジス河でバタフライ

紙の本ガンジス河でバタフライ

2015/08/28 16:53

一人旅の本です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

こちらも、題名にひかれて手に取った本です。著者のパワーに触発されて、読んでいるこちらも元気が出る本だと思います。著者の旅もですが、本のネーミングも素敵だな、と思います♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示