サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ みんなのレビュー

  • 熊本県庁チームくまモン (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ

ゆるキャラ界のヒーロー くまモンをめぐる物語-綿密に、大胆に、繊細に

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Fukusuke55 - この投稿者のレビュー一覧を見る

50歳になった私でさえ、「ゆるキャラ」を目にすると、ついつい近づいて握手しようとしたり、頭や体をポンポン叩いたり、写真を撮ったりしてしまいます。これが日本人のDNAで、動物のみならず植物、さらには機械や工芸品にも「人格」を見出して、コミュニケーションをとって来たんですよね、日本人って。

その、日本人のDNAをくすぐる「ゆるキャラ」界のヒーロー、くまモン。たかが「ゆるキャラ」と言うなかれ。商品売上は平成24年度途中の集計で293億年以上。すごい。

綿密に計画され、トップ(知事)とチームが戦略的かつ本気で取り組む姿勢があってこその結果。くまモンを取り巻くストーリー、SNSを大活用するメディア戦略、ライセンス利用料ゼロ・・・これらの地道な仕掛け・取り組みが重ねられ、その結果としての大ブレークなのでした。

私が笑ったいくつかのコピーをご紹介します。
#ちなみに、コピーはプロの方がうんうん唸りながら32個、さらに36個創りだしたモノだそうです。
-知事より有名になりたい
-ある意味、熊本 背負ってます。
-芸能人の 友達もいます。スザンヌです。
-知事と直接、話ができます。
-いちおう、公務員です。
-かれこれ2年、クマドルやってます。

地に足のついているビジネスストーリー。チームメンバーも知事もくまモンを通じて、熊本の変化を楽しみかつ喜んでいる様子がありありと伝わってきて、読者もハッピーな気持ちになるステキなビジネス書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ

チームくまモンの奇跡 ~くまモンメジャーへの軌跡~

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑いあり、涙(?)ありで、読後は何だか勇気ももらいました。本書は、くまモンの勢いを感じる仕上がりになっています。

 くまモンは、いかにメジャーになり得たのか、公務員の集まりであるチームくまモンはいかにして成功を勝ち得たのか、本書を読めば全てわかります。中でも、くまモン自体は「くまもとサプライズ」という企画のロゴマークのおまけとして、ついでに作られたキャラクターだったということに最も驚きました(185ページ)。
 また、くまモンにまつわる様々な豆知識も披露されています。例えば・・・
・ くまモンの名前の由来は?
・ くまモンの肩書は?
・ くまモンの経済効果は?
・ 「熊本県くまモンランド化構想」とは?

 一方、確かにくまモンは人気者となりましたが、だからと言って熊本県に行きたいかというと、そこまでにはまだ至っていないのではないでしょうか。とにかく、メジャーになった今からが勝負です。一過性のブームに終わらせずに、安定した人気を継続させるための企画がますます重要となってくるでしょう。
 私は熊本県とは縁もゆかりもありませんが(九州人ではありますが・・・)、今後の活躍を温かく見守っていこうと思いました。本書は、くまモンファンのみならず、関心のない方にも是非読んでもらいたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示