サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0119-21)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

世界一身近な世界経済入門 みんなのレビュー

  • 門倉貴史 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界一身近な世界経済入門

紙の本世界一身近な世界経済入門

2009/06/02 23:17

なぜ資源国がいま急成長しているのかが分かる

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 グローバル化の進展により日本経済もその影響を大きく受けるようになってきている。アメリカ発のサブプライム問題が日本を直撃しているように、世界経済のつながりが緊密になってきていることは多くの人が感じていることであろう。
 本書ではコーヒーや魚、オレンジジュースなどの身近な商品を例として取り上げ、それらの値上げの要因などを明らかにしている。その「背景にある新興国の台頭や世界経済の大きな波」を感じ取れるはずだ。また、新興国の経済発展により地球上の資源が枯渇する恐れが高まっていることにも触れている。
 現在、世界同時不況と言われるが、長期的には世界的に資源価格は今後も上がり続けると見られている「資源の分布をみると、そのほとんどが新興国に集中している」という。それらの国々は資源を輸出することで高い経済成長を達成している。 BRICsを初めとする近年の新興国の台頭には「安価な人件費」に加えて、豊富な資源が武器になっている。それにより「もともと巨大な人口規模・経済規模を持っていた国が一気に離陸」することを可能にしたと説明する。
 本書を読めばより世界経済が身近になり、興味が高まるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する