サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

岩崎弥太郎と三菱四代 みんなのレビュー

  • 河合敦 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

岩崎弥太郎と三菱四代

紙の本岩崎弥太郎と三菱四代

2010/06/24 08:59

日本再生のキーワード。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は三菱商会を創立した岩崎弥太郎、三菱グループの礎を築いた弥之助など、三菱四代の物語である。しかしながら、読み進むうち、岩崎家の生きざまを紹介しながら、著者が日本再生のキーワードを発していることに気づく。

・たとえ、その人脈がプラスにならなくても、さまざまな人間と接触することで、視野は確実に広がる。
 異業種交流会に参加することで未知の人物と知り合い、そこから利得を引き出そうとする人が多いが、目的は利益の誘導ではなく、自身の社会観察眼、人物の観察眼を鍛えることにあると説く。
・国家目的に立った為政者的な見地から、弥太郎は事業を経営したのである。
 企業人として企業は「公」であることを訴えている。一時期、株主還元を求める声が高かったが、株主のための企業ではなく社会に求められる企業でなければ肝心の会社がつぶれてしまう。今の時代、すべからく欧米流の金銭による利得だけで勘定するが、それだけではない経営哲学があることを本書は教えてくれる。
 今、日本は「パラダイス鎖国」と言われている。住み心地の良い日本から若者が飛躍しようとしないそうだが、それは国際人を養成しなければという国家の指針から外れた現状となっている。この点も著者は教育改革として問題を提起する。
 この一冊を三菱四代の記録として読むか、現代の混沌とした社会を生き抜く心構えと読むかの違いだが、著者の目的は後者にある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示