サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

【期間限定価格】宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎

突っ込んだ入門書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たら - この投稿者のレビュー一覧を見る

宇宙論の最前線について、数式は使わず、なるだけ優しくとの配慮を持ってお話された本。何度も読み返したい。
たくさん傍線を引きたい箇所があるので、電子書籍より紙の方が良かったと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎

現代物理学のガイドマップ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もんきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニュースで聞く「物理学を塗り替えるかもしれない大発見」とか、何回解説を聞いてもよくわからない人は多いと思います。昔から科学解説書を愛読していた私でもついていけないトピックスはいろいろありますし、理科が嫌いだった人ならなおさらでしょう。

昔、相対性理論が「世界に理解できるのは3人だけ」という話がありましたが、結局のところあれも数式とそれがあらわす物理的事実の関連、モデルと事象のつながりがわかっていなかったということで、要するに地図はあるが地図記号や等高線の意味が分からない、というような状態だったのだと思います。しかし、地図の読み方の解説をしてもらえればそれで理解できること、また、それで地図を読み取った人が「この辺はこんな場所だ」と教えてくれればそれで理解できることがぐんと増えてきます。そんなわけで、今となっては相対性理論がどういうものか、数式で理解している人も、数式では理解できなくてもどういう宇宙が記述されているのかを理解している人も、世界中に山のようにいるわけです。

もう一つの難しさは、個別の理論や発見の位置づけ。何が重要なのか、どれくらい、どんなふうに重要なのかがわからないことでしょう。しかも、素粒子の動きが予想と違っただけで宇宙の成り立ちが説明できなくなってしまう、なんて話があっても素人には何のことやら、という感じ。その理由をこの本では「世界は『ウロボロスの蛇』」と説明しています。そして、その蛇の全身を一通り見てみましょうね、というガイドマップがこの本。どこに立ってみると、どういう景色が見えるのかをわかりやすく教えてくれます。

私自身、CP対称性の破れとか、左回りのニュートリノとか、この本を読んで「そうだったのか」と納得した話がいっぱいあります。もちろん、別のところで蓄えた違う知識が役立っている部分もありますが、自分が知っていることでも「こう説明してあげれば、あの時わかってもらえたかも」と思うことがいっぱいです。今まで読んだ中で最高のわかりやすさ。かなり密度が高くて、かなりの知識がないとななめ読みはむずかしいですが、興味はあるけど結局わからない、という人には心からお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎

物理が苦手だった人もある程度理解できる本です。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

物理が苦手だった人もある程度理解できる本です。

タイトルにあるように宇宙は何でできているかから問題提起され、解説されていますが、最終的には物質は何からできているかを解明していきます。

本書を読み進めると、まだ解明されていない問題がたくさんあることに気か付きます。というより、問題が解決された先にさらに問題があるという感じです。

素粒子という言葉は、ノーベル賞などの発表で聴くくらいのもの。しかし、日本のノーベル物理学賞を受賞した人たちは、この分野で最も先端を進んでいた人達なのだと改めて認識させられます。

中学校で習う物質の最小単位は原子。さらには原子核と電子というところがせいぜいでしたが、最近ではクオークやニュートリノなど、さらに小さい素粒子や地球上に存在していない素粒子なども理論上から発見されているという事実に驚きを覚えます。

目に見えないものを理論から「存在する」と分かる、この洞察力のすごさは、やはりノーベル賞級といえるのでしょう。

さらに宇宙の大部分を占める「暗黒物質」というネーミングにも驚かされます。

しかも、その正体は解明されていないということ。

今後とも科学が進歩し、新たな発見があるのでしょうが、それと同時に新たな疑問がでてくるのでしょう。

ともあれ、物理学の基礎がもっとあればより深く理解できるのにと思いました。

学生時代、物理もっと勉強しておけばよかったと思う一冊。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示