サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

モーニング35周年記念フェア連動 講談社コミック全商品対象ポイント最大50倍(~9/28)

電子書籍

東南アジア四次元日記<豪華立読み版> みんなのレビュー

  • 宮田珠己 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

東南アジア四次元日記

紙の本東南アジア四次元日記

2011/04/12 17:47

東南アジアの奇妙を求めて漫遊した奇妙巡礼日記。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かつて五木寛之は、他力の風に吹かれて人気作家の地位を捨て、大学生となったが、著者宮田珠己は、働きたくないという天啓に打たれて十年勤めた会社を辞め、旅人となった。
 二人の関係性はさておき、本書「東南アジア四次元日記」は、会社を辞めたばかりの著者による、数ヶ月におよぶ東南アジア七ヵ国の旅の記録である。著者のデビュー作「旅の理不尽」が何かと制限のあるサラリーマンの旅行記なら、本書は何ものにも縛られない旅人の旅行記であり、有休の呪縛から解き放たれた著者は、この旅で各地の奇妙なものを歴訪、そのなかにゲイ・フェスティバルが含まれていたことについて、著者の趣味かどうかは極秘事項となっている。

 本書は、「旅の理不尽」の軽妙な文体と個性的なギャグはそのままに、「怒・哀」から「喜・楽」が漂う作品となった。とにかく著者の好奇心の趣くまま東南アジアを彷徨い、目にした奇妙なものの数々を写真入りで紹介。奇妙なものを楽しむ著者の喜びが滲みだし、普通の旅に飽きた旅行人たちに強烈な刺激を与える一冊である。ここで紹介されているオブジェの数々は、言葉では説明できないほど奇妙で圧倒的。この迫力を伝えるには本書を買って写真を見てもらうより他ない。(その一つが表紙に描かれたダルマのようなオブジェ)
 奇妙なものの紹介ばかりでなく、自らも奇妙を体験する著者は、ラオスで知り合った外国人たちの奇行に巻き込まれ、ミャンマーの若い男二人にバゴダ(仏塔)へ誘われ、ミャンマーの精霊ナッを降霊する霊媒師ナッカドゥを見に行ったタウンビョン祭で、次々とオカマに襲われる。袖擦り合うも多生の縁である。きっと著者の前世は奇妙な人間に囲まれていた違いない。

 ところで著者は、この奇妙なものを巡る旅で遭遇した二つのものについて上梓した。一つはベトナムの盆栽ホンノンボを紹介した「ふしぎ盆栽ホンノンボ」、もう一つは圧倒的な巨大仏を紹介した「晴れた日は巨大仏を見に」である。著者の奇妙なものに対する探求心は、とどまることを知らないようである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示