サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

みんなのレビュー

  • 石原慎太郎 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

弟

紙の本

2004/07/27 00:44

男生き方

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤタガラス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 下手なくせに好きなカラオケであるが、中でも「わが人生に悔いなし」はよく歌う。この歌は二度目の大手術から奇跡の生還をして、裕次郎が人生の歌を歌いたいと言って創られたものだそうだが、夫人などは、御詠歌みたいな代物といって発表を反対したとのことである。創ったなかにし礼氏は、人生の歌を歌いたいと聞いた瞬間に、死の匂いをかいだというのであるが、この頃裕次郎は一種の悟りの境地に入っていたのであろうか。私の記憶であるが、手術後、命の尊さを感じ入り大宰府メモリアルパークを作ったという事実があったと思う。
 三途の河原をジープで渡ろうとしたが渡れなかったという、臨死体験の述懐や手術時の周囲の不思議な出来事など、人生というものには科学的なことだけではない何かがあるものだと考えさせられる。
 裕次郎が倒れた後についていろんなことが書かれているが、これはすごいなという物語があって、渡哲也は、裕次郎の手術後、裕次郎が回復しないときは、自分の命と引き換えで命を預かるという決意を持ち、周辺に漏らしていたという事実が書かれている。そんなことがあれば違法ではあるが、渡と裕次郎は運命的ともいえる絆で結ばれていたというのであり、裕次郎の意を十分汲んでいることなのであろうから、そうであれば周囲の人間が軽々しく違法だとか言えるようなものではないのであろう。渡という人間が周囲にいるということは、裕次郎が魅力的な人間であった証左でもあり、自分には「あんたのためなら死ねる」という人物は、はっきり言って皆無である。
 今の世の中、いわゆる益荒男不在、政治家、学者、官僚、裁判官等々、世のリーダーに求められるものは、男としての男の生き方ではないのかと思った。かくいう自分は、たいしたこともないのであるが、せめて死ぬときはじたばたしないで、男らしく死にたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

弟

紙の本

2007/11/28 06:31

だれよりも強い兄弟愛で結ばれていたのを、私は知らなかった

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 石原慎太郎と石原裕次郎の兄弟がこれほどまでに、兄弟愛に結ばれた形できているということは、全く想像もしていなかった。
 それぞれが個性的であり、大変魅力的な存在であるが故に、またとても強く見える二人であったために、人一倍の「兄弟愛」があってもそれを感じさせずにいたのかもしれない。兄弟のいない自分には、兄弟愛というものに触れる機会がなかっただけに、とても羨ましく感じた。
 石原慎太郎は、弟の演技に、今は薄れてきている父親像、父親の尊厳を見ていた。当時の「太陽にほえろ」や「西武警察」など、納得できる観点である。ただあの時代に、もはや父親の尊厳というものが薄れてきていたのか!というのは少しショックである。今の時代、これらのドラマは大衆に受け入れられるのだろうか。少し興味がある。

 兄として弟の最後を看取りたいとの思いで看病した兄の思いはなんだったんだろう。身近な人の臨終の時は誰にでも訪れる。自分の親、(妻)、友人に対し、自分はどの様な接点をもつのであろう。本書を読み、離れて暮らす母を感じたりもした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示