サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

ハードボイルド/ハードラック みんなのレビュー

  • 吉本ばなな (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ハードボイルド/ハードラック

紙の本ハードボイルド/ハードラック

2002/05/28 09:13

切なさ満点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハードボイルドと、ハードラックという二作品が収められています。
まずは、ハードボイルドから…。

千鶴は、主人公の女性に恋愛感情を抱いており、また、主人公は、ただ、宿が欲しくて彼女の気持ちに応えるフリをして同棲していた。ある日、部屋を出ることを決めた主人公だが、その当日は千鶴ともなんだか分かれがたく、二人でドライブに出かける。ところが千鶴は「あなたが出ていくところを見たくない」と、ドライブ途中の車から、山奥にも関わらず降りてしまう。それからしばらく時間が経過し、千鶴とも連絡をとっていない主人公だが、ある日、一人旅で寄った宿で奇妙な夜を過ごす事となり…。

相変わらず、切なさ満点。もう、心に染み入ること染み入ること…。吉本ばななの作品って、際立って劇的なストーリーではないけれど、印象にはしっかりと残りませんか? 「これは女性にしか書けないだろう」という心情を、本当に絶妙に書ける作家だと思うんですよ。今回読んだこの話も、主人公が千鶴に別れ際に言われた「ハードボイルドに生きてね」という言葉を思い返していく様子が「この感覚、分かるな〜」と、感情移入していき、今こうして感想を書いていても、その感覚が蘇ってきます。
ああ、上手に感想を書けない自分がもどかしい…。

また、もう一作の「ハードラック」は、事故にあい、脳死の状態で人工的に心臓を動かしている姉と、その婚約者の兄に心ひかれていく妹の話です。姉は意識を戻すことは二度となく、あとは家族が、いつ覚悟を決めて、姉の心臓を止めるのか…という決断をするのみという、ズシンとした重い内容の話でした。
ハードボイルドよりも、こちらのハードラックの方が、私の心に強く残りました。誰も、自分のかけがえのない人の「命」はここまでだと決めたいわけがない。でも、それを決めなければならない時があるのかもしれない…。苦しくて哀しい話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハードボイルド/ハードラック

紙の本ハードボイルド/ハードラック

2001/12/21 14:56

期待は裏切られないはず

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:華子  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 風邪をひいてぼーっとしながら読んだせいか、どっぷりと吉本ばななの世界に浸ってしまった。ひたると言うより、その世界に入り込んでしまうような感覚で読んだ。
 「死」や「不思議な力」という吉本ばななからは切っても切れないテーマを盛り込みつつ、それでいて恋愛小説の色を鮮やかに感じさせる。
 ここ何冊か彼女の作品は宗教色が濃いような気がしていたので敬遠していたのだが、この作品はそんな事はない。『キッチン』や『哀しい予感』を書いた吉本ばななを期待して大丈夫だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハードボイルド/ハードラック

紙の本ハードボイルド/ハードラック

2001/10/31 13:29

ようこそ、ばななワールドへ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 友達を亡くしてしまったことはありますか。家族を亡くしてしまったことはありますか。まずいうどんを食べたことがありますか。気味の悪いものをみてしまったことはありますか。私の指っておねえちゃんの指とそっくりだと気づいたことがありますか。
 毎日の中で起きる大きな刺激や小さな刺激が実はわたしたちが明日を生きるための前進スイッチになっていることがわかります。
 吉本ばななワールドからちょっと遠ざかっていたけど、またちょっと読んでみようかなっていう人におすすめの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示