サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

アルゼンチンババア みんなのレビュー

  • よしもとばなな (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

アルゼンチンババア

紙の本アルゼンチンババア

2007/04/15 20:29

この本も、思いがけない「贈り物」でした。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 困ったことに、読み始めてすぐから、涙が出て仕方がありませんでした。
 段落の一つ一つ、文の一つ一つが、すとんと胸に落ちる上質な悟りのようなものを含んでいて、しかもそれが重さを感じさせず、しみこむようにこちらがわに入ってきます。
 最愛の子供にかけがえのない「贈り物」を残して命を終えていく母親たち。それを受けとめることによって、命のありかたを見据えて自分の生き方を決め、家族を、そして新しい命を支えるる力を得ていく娘たち。
 何もかも失って疲れてしまった男も、欠落した家庭によってゆがめられてしまった男も、流れるように伝えられる「贈り物」のやわらかな力で、それぞれの命のありかたを再生していく……。
 癒されることも教えられることも全く期待せず、映画の予告篇をちらりと見ただけで、ふと興味を引かれて読んだ本でしたが……思いもかけない深い出会いでした。帰りたくなる場を醸成するかのような文体の独特の雰囲気にも、非常に心引かれました。忘れられない一冊になりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アルゼンチンババア

紙の本アルゼンチンババア

2007/03/14 23:13

【愛というよりむしろ掘りごたつの郷愁】

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rem - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこにでも必ずひとりはいそうな、小学生たちがちょっとの恐れと好奇心と強がりで、噂をしながら目を輝かせそうな、怪しげな「アルゼンチンババア」これをタイトルにしてしまうこと自体すごい・・・。
まさか映画化されるとは思っても見なかった。鈴木京香さんじゃ美しすぎるのではないかい?と思ってしまうが。
母が死んでからは空気の抜けた風船のようになってしまった父親がいなくなった。不思議に思っていると「アルゼンチンババア」のところにいるという。よりによって、なんで?
そこから始まる、不思議で当たり前な世界。
私が感じたのは郷愁かな。
今はもうない、小さい頃に隠れた掘りごたつ。
ちょっとほこりっぽくて、赤くて、あったかくて
ずっといると息苦しさを感じるんだけど、一度顔を出してから
もう一度もぐる。
そんな日常を思い出した1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示