サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

魔女は甦る みんなのレビュー

  • 中山七里 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

魔女は甦る

紙の本魔女は甦る

2013/10/27 22:20

面白い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きんばら - この投稿者のレビュー一覧を見る

猟奇的なサスペンスから国際的な製薬会社の謀略へ、そしていつのまにかホラーの世界へ。中山七里は侮れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔女は甦る

紙の本魔女は甦る

2014/06/17 17:14

終わり方が気分悪いけど。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまに「けったくそ悪い終わり方」をする作品に出会う事がある。読み終わったときには眉間に皺がより、胸の中にどろどろとした物がどっつりと残ってしまうような、そんな作品。先に書いてしまうが、本作品もその手の終わり方をする。ではそういう作品がつまらなくて存在価値が無いかというと、まったくそういう事はない。「そういう終わり方を求める人」が、いるのである。私のように。ちなみに言い訳をさせて頂くと、別に私やその類の人々が異常な感覚を持っているというわけではなく、そういう特別な感覚に、中毒になってしまうのだ。そうまるで本作品のテーマの一つになっている、薬物中毒のように。
本作品の構成は、おおまかに分けて三つになると思う。世にもおぞましくも、不思議な事件が起きる「導入部」。そしてその事件を解決していく「解決部」、そして最後に犯人と対決をする「決着部」。掴みにあたる「導入部」は悪くないのだけれど、「解決部」が妙に長くて読み疲れた。400ページ弱の作品で、多分250ページくらいがそれに当たる。その内容がまた猟奇的な要因があったり薬学の知識が絡んできたりと、サラサラと頭に入ってくる感じではない。ただ、最後の「決着部」はさすが!と言える内容だった。襲い来る圧倒的な絶望、そして間一髪の生還、そしてまた襲い来る絶望。この波状攻撃は久々に味わったハラハラでとても楽しめた。が、最初に書いたように待ってるのは「けったくそ悪い終わり方」であるので、そういうのが嫌いな方にはオススメしません。この作者が嫌いになってしまうかもなので。この作者には他にも音楽ミステリー?シリーズのような傑作もあり、ぜひそちらも読んでもらいたいと思うので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔女は甦る

紙の本魔女は甦る

2017/05/05 17:46

初めて読んだ作家さんだが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

いちいち全部を胸クソ悪く書かなくてもいいのに、というのが正直な感想。隅から隅まで後味悪い。今後 この作家さんは避けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示