サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

KADOKAWA コミック・ライトノベル最大50倍(~11/22)

電子書籍

夜を賭けて みんなのレビュー

  • 梁石日 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

夜を賭けて

紙の本夜を賭けて

2002/10/14 19:40

すべてを忘れさせないものにした一編の詩から

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HATA - この投稿者のレビュー一覧を見る

「血と骨」を読み終えてくたくたになったところで、うっかりこの「夜を賭けて」を手に取ってしまい、またしても寝食忘れて没頭するはめに陥った。
こんな疲労の極地にありながら、心身ともに充足感でいっぱいだ。

物語が始まる前に、本作と同じタイトルの詩文が4ページに渡り収められている。
1958年作とあるから、昭和33年、著者22歳の青年時のものだ。
本作品を書き上げて初の刊行(NHK出版・1994)に至るより36年も前、まさに物語の舞台となったその時代そのときに、書き記されたものである。

その詩文に満ちているのは、若き梁石日の身体から溢れ出て止まらない熱、力、叫びと憎悪を直接的に書きなぐるような、それでいて幻想的で力強く、そして吐き気を呼ぶほどのグロテスクな描写である。
若い著者がそのとき何を見て何を感じていたかが、とにかくまっすぐに伝わってくる。
こんな詩を一度でも文字にして書き残してしまったら、当時の溢れ出る情熱を忘れることなど、一生できないだろう。

そうして忘れられることなく30年以上を経て改めて書き上げられたこの長編の物語は、まっすぐで不器用な人間たちが、その熱い肉体をぶつけ合ってひたすら生き抜こうとする闘いの物語だ。
執筆時にはおそらく50代半ばにさしかかっていたであろう梁石日の、ここでの筆致そのものは、実はもう暴力的でもないし暗黒的でもない。グロテスクだとも言えない。
血も汗も泥も脂も暴力もある。涙も嫉妬も悲しみも憎しみも死もある。
でもその描写は、すべての生ける人間のあるがままの姿に他ならない。
だからこそ、時に滑稽でもある。そのリアルなセリフや言い回しに思わず吹き出してしまった場面も少なからずある。
やり切れないほどちっぽけな死もある。怒りを抑えきれない理不尽にも出くわす。
梁石日は、それらを冷静にリアルに書き留めることができる年齢になっていた。
若き日に一編の詩に凝縮させたあの熱さだけはそのままに、一気に読ませる力強い長編小説に仕上げたのだ。

後半、在日コリアン界において悪名高き、大村収容所が出てくる。
現在は「大村入国管理センター」と名を変え、定員のほとんどを密航中国人が占めているという。その待遇はもちろん改善されているだろう。
梁石日は、かつてのこの「収容所」の内実がどのようなものであったかを、作家として、在日コリアンとして、もの言うひとりの人間として、記した。
この先封印され忘れられかねない「大村収容所」について、日本の歴史のこのような側面を伝え継ぐ小説のひとつになれば、とも願う。

梁石日が、生まれ育った大阪を舞台に戦後の在日コリアン"世界"を描くものを読んでいると、憧憬とも羨望ともつかぬむずむずとした感触に襲われてしまう。
確かにそれを目にし、その臭いをかぎ、泥にも火にも肉体を突っ込み、焼かれても沈められてもまた這い上がり、そうしてこの時代と場所を生き抜いてきた人間にしか描けないものだからだ。
それを羨望などと言ってみるのは、ばかげているだろうか。
憧れを感じるだなんておかしなことだろうか。
例えば彼らが夜な夜な忍び込み、"宝"の発掘を夢見たその果てしなく広がる廃墟の暗闇は、この眼にはひどく魅力的に映ったりはしないだろうか。
月明かりが、星の光が、眩しくさえ感じられるのではないだろうか。
たとえ泥と脂にまみれた生活の中でも、その荒廃の中に"生"のかけらが埋まっていると空想するのは、一瞬でもそこを輝きに満ち溢れた風景に見せてくれるのではないだろうか。
そんな体験を、この先たった一度でもできることがあるだろうか...。

本作品は、新宿梁山泊の座長である金守珍の監督により映画化され、2002年11月に公開される。
戦後の風景を求めて探し出したロケ地は、韓国南西部の群山という海沿いの町だそうだ。
まずはスクリーンに再現される集落の風景、くず鉄の埋まった広大な廃墟の風景を、この眼で見てみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜を賭けて

紙の本夜を賭けて

2001/06/26 00:42

差別と憎悪の中で生き抜いた人たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲレゲレ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は、昭和30年頃の大阪。広大な大阪造兵廠跡地から高価な鉄が掘り出されたところから始まる。後にアパッチ部落と呼ばれるバラック小屋の集落が、大阪造兵廠跡地のすぐそばにあった。
 在日朝鮮人であるだけで日本人から差別され、ろくな仕事につけない状況で、まじめに生きていくことができるだろうか。どん底の中で必死に生きようとする人たちは、追いつめられ窮鼠猫を噛むように生命力を爆発させる。そして、活劇のようなダイナミックなシーンが展開される。時には生命力が高じて犯罪につながる場合もある。犯罪のそもそもの原因は、日本人の心の狭さにもあったはず。その罪が取り締まられ、朝鮮人の信用はますます落ちる。朝鮮人を憎悪する警察官もいた。朝鮮人に先入観のない後輩の警官には、「朝鮮人はみな犯罪者や思うて間違いないんじゃ」と教え込む。そして、やってもいない罪もおしかぶせ、刑を重くした。朝鮮人も日本人をまったく信用しない。日本人と朝鮮人は、「へびがお互いの尻尾を呑み込もうとする」ような、終わりのない不信感に陥っている。
 舞台は移り長崎の大村収容所、そして現代へ。私は長崎の大村市に縁があり、年1回観光で出かけます。今年は、大村収容所跡地の前を通ったことを本を読みながら思い出しました。朝鮮人を貶める日本人もいる一方で、救った日本人もいた。そしてラストシーンの手前で感動の場面が。主人公のひとりが生きていて本当によかった。よく生きていることができた、と涙が出ました。最近、梁石日の本を立て続けに読みましたが、本書は名作中の名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示