サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

僕のとてもわがままな奥さん みんなのレビュー

  • 銀色夏生 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

僕のとてもわがままな奥さん

紙の本僕のとてもわがままな奥さん

2010/07/18 21:41

愚痴と嘆き節のストーリーではありません。しあわせは人それぞれ、夫婦それぞれ、の長篇小説。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月乃春水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

詩人銀色夏生さんの長篇小説。『ダ・ヴィンチ』2010年8月号の銀色夏生特集に、ご本人が「男性必読」とコメントされていました。男性ではありませんが、奥さん小説はぜひ読まなければ、と購入しました。

「こんなパッとしないご主人にどうしてこあんなに美人の奥さんが?とみんな不思議がります。僕も友だちにからかわれたりします。みんなそう思っているのでしょう。でも違います。だれにも言えませんが、僕の毎日は、ちょっと地獄なのです。」(P9)

…というのはこのお話の語り部であり、ナオミのパートナーであるジュン。いいときはいい。けれどそのいいときがあまりに短い、と嘆きます。
とはいえ、これ、ジュンの愚痴と嘆き節のストーリーってわけじゃあないんです。すっとぼけた味わいの夫婦の物語。なんてことない日常のエピソードと会話。そこはかとなく漂うユーモア。ちょっとホラーな場面もあったりして。
つっこみ入れたり、深読みしたりせずに、笑いながら読むのがよろしいかと存じます。

男のプライドと自尊心について、人へのアドバイスについて、しあわせについて。銀色夏生さんならではのハッ!とさせられる洞察もときおり入ってます。ここはお見逃しなく…!

ジュンの名言もあります。
「僕は、それでもやはり、今、わりとしあわせなんだと思う。人にはそれぞれのしあわせの形があるんだ。人と自分は違う。自分のそれを見つけたら、もう人と比較したりしないで、それを黙って大事にすればいいんだよね。」 (P118)

これこそ、この物語の最大のテーマでしょう。

ところで、購入した文庫本に「幻冬舎文庫の春まつり」のチラシが挟み込まれていました。モデルは滝川クリステルさん。美人でスタイルもいい僕の奥さん、ナオミさんになんだか重なってしまったりして…。もちろん、本文とは一切関係ありません(の、はずです)。


本についてのよもやま話。 <ブログ> 本のことあれこれ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】僕のとてもわがままな奥さん

すごい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひのえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はナオミさんみたいな人とは付き合えないと思います。しかし、ジュンとも仲良くなれないと思いました。なんだかんだでこの二人は幸せですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示