サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

修正:全商品20%OFFクーポン(1020-22)

電子書籍

むかしのはなし みんなのレビュー

  • 三浦しをん (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

むかしのはなし

紙の本むかしのはなし

2011/02/24 22:13

古くて新しい三浦しをん流、昔話の誕生です。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

限りなく壮大な試みに挑戦した作品集である。昔話を現代社会に採り入れて作品を展開させたら、
語り手や聴き手は果たしてどの様な存在になるのが相応しいかというテーマに真正面から取り組んでいる。

決して安易なパロディーに走らず、今の社会の取り立てて大きくはない日常から非日常性が立ち上がるのを
目を凝らして観察した結果が、収録されている七つの中・短編小説として昇華されているのではないかと思う。

冒頭に記された言葉も頁を捲るに連れ、加速度的に印象が強くなる。ここに引用したい。
『わたしを記憶するひとはだれもいない。わたし自身さえ、わたしのことを忘れてしまった。

胸のうちに、語り伝えよという声のみが響く。これはたぶん、思い出のようなもの。
あとはただ、ゆっくりと忘れ去られていくだけの。』

現在が過去に、それより遥かに時が経ち、風化して、我々現代人も
『むかしむかし』と語られるような日が来るのだろうか?想像してみると、

なんだかじんわり楽しいではないか…。改めて、書き手としての三浦しをんさんの手腕には脱帽する。
更に中盤に収録されている【入江は緑】から、当初は一つ、一つの小説が個別に独立しているかの様に

思わせられていた、作品同士が、実は微妙な相互関係の下繋がっていた事に気付かされ、とても驚いた!
『地球は三ヶ月後に衝突する隕石によって滅亡する。だから木星までロケットに乗って脱出する人類を、

都合、一千万人抽選する。当選者番号は随時ニュースで発表される。』特にヤラレタ!と
思ったのは冴えない空き巣が刑事相手の調書に応えているだけだと思っていた、【ロケットの思い出】と、

【たどりつくまで】に登場する、怪しげなタクシーの乗客との接点に気付いた瞬間だ。
これ以上いうとネタバレになるから言わないが、この伏線の回収以外にも様々な仕掛けが用意されているので

是非とも探される事をオススメする。それにしても。一千万人を木星に運ぶのには何回ロケットを
飛ばさなくちゃいけないのだろう?なんて事を本編中唯一の中編

【懐かしき川べりの町の物語せよ】を読みながら思った。作中の主人公で伝説の不良モモちゃんは、
あっさりとロケットに乗ろうとするあがきは捨て『死ぬことは、生まれたときから決まってたじゃないか』と

滅亡する運命に従ったのだ。だが。モモちゃんとの、ある夏の日は語り手が居る以上、
永遠の物語りとして聴き手に受け継がれてゆく。三浦しをん作の、傑作昔話の誕生だ。

小さな頃、【桃太郎】や【浦島太郎】を語り聴かされた時の様な胸のときめきを持って読んでもらいたい。
最良の読書時間をお約束致します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

むかしのはなし

紙の本むかしのはなし

2010/10/12 21:47

今があるから昔がある! 単純なようでいて見過ごしがちなお話。

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お友だちの中で評価の高い作家ではあるのだけれど、わたしにとっては苦手なしをんさん。一作読むごとに「もういいや」と思うのだけれど、しをん作品をのレビューを拝読するとついついまた手を伸ばしてしまう。

すごく苦手、というわけではない。でも…なんだか合わないのだ。構成?テーマ?それとも文章そのものか…うまく言えないのだけれど、感覚的に何かが合わない、そんな作家だ。

裏表紙を読んで、しをん流にオマージュした「昔話」の短編集だと思い込んでいたのだけれど、違った。各話の初めに「昔話」のあらすじが記載されているので、読み始めてもまだその「思い込み」が間違っていることに気付かくことができなかった。

本書で描かれているのは「昔話」ではなくタイトル通り「昔の話」だ。むかしばなし、とむかし「の」はなし、たった一文字の違いだけれど、その意味するところは大きく異なる。

ここで著者が描きたかったのはきっと、「今があるから昔を語ることができる」ということだろう。あまりにも普遍的であるため見過ごしがちだけれど、改めて考えてみるとこれってすごいことかもしれない。「昔」がなければ「今」はないわけだけれど、「今」がなければ「昔」はないのだ。

各話に対してはそれほど思うことも感じることもなかった。しかし作品全体を通して見て初めて気付かされる「むかしのはなし」というテーマはすごくよかった(興味深かった)。

テーマは非常に面白かった。しかしそれでもやはり、今回も「なにか」合わなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

むかしのはなし

紙の本むかしのはなし

2016/05/03 19:55

時をおいて もう一度読んでみたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな三浦しをんさん。
この作品は、読んだ瞬間はよくわからない感覚でした。
伝えられているむかし話を現代の物語とリンクさせています。
また読んでみる時には新たな発見があるかもしれないと思い、その時のためにとっておこうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示