サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

日本のイキ みんなのレビュー

  • 大石静 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

日本のイキ

紙の本日本のイキ

2006/11/20 23:18

まずは疑ってみることから始めるという姿勢が清々しいエッセイ集

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

脚本家・大石静の最新エッセイ集です。週刊ポスト連載の「ヤヤもすればヨヨと泣く」からの抜粋ですが、連載時のタイトルから連想される か弱さは微塵もありません。大石静のエッセイの特徴は、常識や当たり前と思われるもののことごとくを見つめ直し、そこに安易な思考停止や軽々しい責任放棄がないかと、懐疑的な言葉をぶつける点にあります。本書でもその姿勢には、いささかのぶれもありません。

 たとえば、「若者の権力志向」と題した一編。
 著者はウィークデーのすいている映画館に出かけ、次の回が始まるのをロビーでくつろぎながら待っています。そこへ劇場スタッフの青年がわざわざやってきて言うのです。「前の回が間もなく終わるので、○番扉の前にお並びください」。
 すいているのだから並ぶ必要はないのでは?と尋ねる著者に、青年は苛立った風にこう言葉を継ぐのです。「決まりですから」。
 著者は、決まりだからということに何の疑問も持たない彼の思考に恐ろしいものを感じます。決まりごとという権力を持つことにカタルシスを覚える若者や、それを許して権力に仕切られている方がお気楽だと感じる人間が増えていることを、著者は静かに冷静に危惧します。

 私がもっとも勇気づけられたのは「生まれてきたい」と題された一編です。
 「生まれる」というのは「産み落とされる」という受身のニュアンスがあると言われますが、この一編を読むと考えが少し変わります。著者は、知人がおなかの子供に対して「生まれてきたかったら、生まれてきなさい」と呼びかけ続けたというエピソードを引き、生命が親の都合ではなく、強い意志をもって生まれてくるのだということを実感するのです。
 この一編を読み、私も思ったのです。そうだ私もきっと生まれてきたいと思ってこの世にやって来たに違いない。だからこそ、生き抜くだけでもしんどいと思えるこの世だけれど、私は絶対に生き通すべきなのだ、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示