サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

『永遠の0』と日本人 みんなのレビュー

  • 小川榮太郎 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『永遠の0』と日本人

紙の本『永遠の0』と日本人

2014/01/01 07:38

散華した特攻隊員に感謝

11人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pappy - この投稿者のレビュー一覧を見る

「永遠の0」、「風立ちぬ」、「終戦のエンペラー」の批評とそれに関連する大東亜戦争、とくに特攻隊についての考察をまとめた書籍である。作品についての理解を深めることができるのはもちろんのことだが、単なる批評ではなく、公正な戦争論としてまとめられている。戦後GHQが日本国民に施した精神的武装解除は甘美な麻薬として多くの日本人の心に浸透したが、ようやくその効果が薄らいできたのだろう。10年前であればこのような評論は日本人にはまったく受け入れられなかった。勝てば官軍となるのは戊辰戦争も大東亜戦争も同様であり、常に敗者が悪者に仕立て上げられる。だから、このような公正な評論は歓迎されるのだ。とくに最後の特攻隊についての記述には感銘させられた。戦後統治にあたり特攻の影響がかなり大きかったことは賛同できる。さもなければハワイのような属国にならずとも、朝鮮、ベトナムのように東西冷戦の影響を受けて分断されていたかもしれない。散華した多くの若者に感謝したい。同時に特攻がGHQの洗脳工作を招いたことを理解し、未だにその洗脳から充分に醒めない日本人を嘆かわしく思う。冒頭の昭和天皇の言葉がつき刺さる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『永遠の0』と日本人

紙の本『永遠の0』と日本人

2015/09/30 11:14

タイトルにつられて・・・

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「永遠の0」を読んだ後にふと本屋で見つけたこの本でした。
「終戦のエンペラー」と「風たちぬ」の内容を知らなかったので、
観てからの方が読みやすかったかもしれません。

戦争時代を記憶している方が少なくなってきましたが、
だからこそ知っておくことは大切だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する