サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. 愛の病
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

愛の病 みんなのレビュー

  • 狗飼恭子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

愛の病

紙の本愛の病

2004/12/01 22:35

毎日恋一色

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の描く小説世界が「まんまに」詰まったエッセイ集。
恋愛一色の世界が重くて、一時期遠ざかっていたのだが久しぶりに手に取った。「愛の病」なんてかわいらしい表紙。
著者は自らを「恋愛依存症」と言い切ってしまうくらい毎日毎日恋のことばかり考えて生活している。
歯ブラシやマグカップはおろか、店で流れる音楽や駅の待ち合わせ場所等、現在過去未来(はないけれども)の恋に関連付けて思ってしまう。
ある意味才能かもしれない。
もちろん私にだってそういう時期はあった。エッセイの中で頷いてしまう箇所もあったもの。だけどあれから何年か経って、それだけ考えて生きていくには時間は短すぎると悟った。他にもやることはたくさんあるのだ。
本当に恋一色なのだなぁ…と感心してしまった。
逃げ道を作って恋と他のものを分けて計算するよりも、ここまで恋愛にのめりこんだ方が後悔はしないかもしれない。
全身かけて誰かに恋をする。
ただ、さじ加減を上手くしないと「狂気」じみたものになってしまうから注意が必要だ。「愛の病」なんてかわいく言える位にとどめておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示