サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

不可解な事件 みんなのレビュー

  • 倉阪鬼一郎 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

不可解な事件

紙の本不可解な事件

2002/04/20 01:48

それでも理解されない人々の悲喜劇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:植尾亜衣 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 七編の作品の舞台となるのは、いずれもどこにでもある、のどかな田舎町だ。主人公たちの共通点は、肥大した自我を持て余していること。彼らは、行き場を無くした憤りを、殺人という手段で一気に昇華させようと画策する。

 軽快な関西弁の会話が笑いを誘い、やがて悲劇が訪れる。誰もが抱える小さな不満が、せき止められない大きなうねりの中に飲み込まれる時、主人公たちは後戻りの出来ない場所で立ちつくすしかない。足掻けば足掻くほど、泥沼に沈んで行く彼らの姿は、むしろ哀しい。

 読者は倉阪鬼一郎の手の中で、何度も現実を切り取られ、深い喪失感を味あわされることだろう。自分には特別な才能があるのだ、と頑なに思い込み、ネットでのコミュニケーションに明け暮れる「切断」の主人公の姿にどきりとした人は、くれぐれも足下を見失わないように気を付けた方がいいだろう。

 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示