サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1023-26)

電子書籍

もぎりよ今夜も有難う みんなのレビュー

  • 片桐はいり
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2014/10/12 11:56

はいりさん、ブラボー!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ますますファンになりました - この投稿者のレビュー一覧を見る

片桐はいりさんのエッセーは「私のマトカ」「グアテマラの弟」も大好きで、今回も楽しみに手にとりました。
出自は映画館です、とおっしゃるほどの彼女、真面目で一生懸命な人柄がにじみ出ている文体は読んでいてとても心地良く、癒されます。
歌舞伎の人間国宝の方だと承知しながらも、不正は認めない、と断固とした態度で指定席から追い出した話には、驚きましたが、拍手を送りたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2016/06/11 08:48

映画館へ行きたくなります

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

片桐はいりさんの、もぎりをしていた頃の思い出や、劇場等にまつわるお話しです。旅先でも映画館に入りたくなるそうです。劇場や映画館への愛、芝居にかける思いが伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2016/06/09 09:41

宝物になる1冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミッチー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読み進めながら、はいりさんと一緒に懐かしい街並み、そこに生活を営む人たちと出会える。そんなほのかなぬくもりを感じる本でした。映画、そしてふらりと出かける1人旅を愛する人には更にたまらず大切な本となると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2015/12/30 23:50

映画館っていいね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めがねのひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

「わたしのマトカ」「グアテマラの弟」に続く片桐はいりさんのエッセイ。今回もとてもとても面白くたのしんで読みました。映画館をこよなく愛するはいりさんの情熱を受け取りました。そして映画館に足を運んでみたくなる、そんな素敵な1冊です。はいりさんにチケットをもぎってもらいたい(^^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍もぎりよ今夜も有難う

2017/10/12 18:18

もぎりよ今夜もありがとう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おじ屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の片桐はいりのエッセイには映画愛と映画館愛の両方がてんこ盛り。
双方は全く違うようでいて、実は密接に繋がっている。
この場所でこの映画を見ることの喜び、映画を愛するが故の小屋へのこだわり。
もう一度見直してみようと思わせる愛に溢れている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2017/10/09 01:06

映画愛が熱い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

片桐さんの紀行エッセイ2冊を読んで、すっかりはまってしまいました。その勢いでの3冊目。タイトルの通りに、映画館でもぎりのバイトをしていた頃からの映画と映画館にまつわるエッセイがまとめられています。
片桐さんどんだけ映画が好きなんだ。
映画に対する愛情が溢れるエッセイでもあり、消えゆく昔ながらの映画館への惜別の頼りでもあるように思えました。映画にもデジタルの時代とアナログの時代があるんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2017/01/21 01:00

映画愛に満ちたエッセイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は銀座の映画館でもぎり嬢をしていた頃の思い出を、後半は旅先や撮影地で出会った映画館の思い出を綴ったエッセイです。内容は素朴ながらも映画・劇場愛を感じるエピソードばかり。消えつつある昔ながらの映画館文化に対する「有難う」が詰まっています。

今でも時々、もぎり嬢として映画館に立つ片桐はいりさんの映画愛には頭が下がります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぎりよ今夜も有難う

2016/07/20 13:53

もぎり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の世代ですらおぼろげな記憶になりつつあるのだから、いまの若い子たちはシネコン以外の映画館に入ったことないんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示