サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

近所の犬 みんなのレビュー

  • 姫野カオルコ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

近所の犬

紙の本近所の犬

2015/08/29 10:27

犬への愛を通して人間の日常が絶妙に切り取られる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近所の犬を観察し、あわよくば散歩の途中で接触をはかり、名前を聞き…動物を飼う環境にない作者が、涙ぐましい努力をして近所の犬と交流を計る。そんな日々をつづった一冊で、とても楽しかった。
作者は、普段は見知らぬ人に声をかけるのは苦手な性格なのだが、それでも犬のために一所懸命声をかけにいくのがほほえましい。犬の飼い主や大家さんなど、人間の特徴を生き生きと描いているのもいい。特に、黒ラブのラニとその飼い主の江戸っ子調おじいさんがよかった。おじいさんは決して愛想がいいわけではないけど、何となく味のある返しをする。わざとらしくない日常がありありと透ける描き方が印象的。
もちろん、犬のかわいらしさもばっちり伝わってくる。笑ったのは、作者自身にとっての犬のかわいさ度を「カブ」という単位で表しているところ。嫌いな犬にはマイナス90カブをつけるくらいなのだが、だからといってそれは決めつけではなく、あくまで人間の持つ感情の表れとしてコミカルに描かれているところに好感が持てる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近所の犬

紙の本近所の犬

2015/08/10 12:30

『昭和の犬』は何故あんなに泣けない萌えない犬モノになったのか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

同作家の『昭和の犬』という本を読んで、まず実に驚いたのが、あまりに淡々とした筆致。犬猫ものでここまで泣きも萌えも入らない話を書けるって、むしろ究極の技ではないだろうか、と。関わりあう犬たちに向ける強い愛情は感じられるのだが、どうもなんだかあまりに抑えた感じで、そこがミョーに引っかかっていた。だから本書に手が伸びた。

さて、また同著者の犬ものである。
なんでも本書は作家のリアルな「犬ライフ」を反映しているという。
なぜ『昭和の犬』は、あんな泣けない萌えない犬話になったのか?

それは、作者があまりに激しい犬狂いだったから、という真実が、ここでは臆面もなく語られる。
本書のエピソードはすべて、作家の「近所の犬ストーカー生活」なのだ。

作者は犬狂いなのだが犬が飼えない環境。だから近所を散歩する犬をこまめにチェックし、仲良くできる犬の目星を付けては飼い主とうまく仲良くなれるように努力し、場合によっては散歩のタイミングで電話をもらえるように頼み込む。ワンコと仲良くするために、スッピン・ボロ服・無香料な生活形態となる。なるほど、平素そこまで思い詰めているからこそ、逆に「犬小説」を書くと極力できる限りダダ漏れする愛情噴射を抑え込んでしまうことになるわけだ。ううむ。

だから『昭和の犬』は、あんなそっけない小説群になってしまったのだが、しかし脈々と滾り立つマグマのごとき犬愛が抑え込めない。それがエッセイ集という形で一気に逆噴射してくるのが本書、てことらしい。わかりやすい。いや、勝手な解釈にすぎないのではあるが。

とにかく圧倒的な「犬愛」を思うさま噴出し、近所の犬を追いまくる犬ストーカー生活。その姿はなんだか共感できるし面白い。
かなりベタではあるが、仲良くなった犬たちの姿は、なんとも実にかわいらしいのでもある。
萌え満載。で、泣きはなし。だから安心して読んでいい。

まずはワタシにとっては「あの本の謎解き」としてなかなか面白く読めた。
犬好き必読、かも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示