サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

電子書籍

すべてがEになる I Say Essay Everyday みんなのレビュー

  • 森博嗣
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

すべてがEになる I Say Essay Everyday

電子書籍すべてがEになる I Say Essay Everyday

2015/10/18 07:23

刺激的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:転鈴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで、紹介されてた本を読んだり、S&Mを読み返したり、PHやKHがどんなお洋服なのか調べたり、車の雑誌をめくってみたり…刺激を受けてます。
この日記が書かれた頃、小学生でした、うーん、遠い……着ぐるみ着たキョロちゃん好きだったな…

著者オリジナル(と思われる)オノマトペがたくさんありますが、1番ぐっときたのは、トーマさんが洗われたときの表現!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すべてがEになる I Say Essay Everyday

電子書籍すべてがEになる I Say Essay Everyday

2015/08/25 22:06

ずっと再読中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北の岬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者曰く、本書は「読者の力量を問う一冊である(苦笑)」。自分の力量が上がっているかどうか分かりませんが、ホームページ、本、電子書籍と媒体を変えてこの作品に親しんできました。読むたびに色々な発見があります。名古屋に引っ越してきてから読んでみると、知っている地名やお店が出てきて、また違った印象を受けます。再読して気づくのは、この作品に書かれてある発想や考え方が、いつのまにか自分の血肉になっていたことです。そのくらい森先生から影響を受けていたようです。初期の森作品がどんな環境から生まれてきたのか興味がある人だけでなく、日常を違った角度から見たい人にお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべてがEになる

紙の本すべてがEになる

2002/07/08 06:21

著者の日常

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:京太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説家であり、某大学の助教授でもある著者の日常を綴った、日記風エッセイ集。著者のホームページで公開されていた文章をまとめたものらしいです。日々起こったことを気軽に書いたような内容の、さらりと読める楽しい本です。通して読んでみると、結構フツーの人なんだなぁ、という印象を受けました。それほど変わったことを言っているわけではありませんが、そこがまた良いのでしょう。著者のファンなら間違いなく楽しめる一冊です。逆に言えば、著者のことをよく知らない人が読んでもただ退屈なだけなので、まずは「すべてがFになる」以下の「犀川&萌絵」シリーズを全巻読破されることを薦めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示