サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

燃えつきるまで みんなのレビュー

  • 唯川恵
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

燃えつきるまで I lost myself when I lost him

恋は突然に。そして別れも突然に。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サムシングブルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 看護師の友人が仕事を辞めた。友人はぽつりと言った。「職場に好きな人ができたの。このままではいけないと思ったの」「寝ても冷めてもその人のことを思ってしまうの」返す言葉がなかった。そのとき彼女の気持ちがわからなかった。
 主人公怜子は31歳。恋人耕一郎と5年のつきあいになる。仕事と耕一郎、怜子はそのふたつを手にしていた。耕一郎から突然別れを切りだされてしまう。物語は、「別れないか」から始まる。プライドの高い怜子は壊れていく。物語に何人かの女性が登場する。一人は学生時代からつきあっている美穂(3年前から不倫している)、一人は会社の後輩の恵美(怜子を上司として尊敬している)、一人は大学時代のサークルで知り合った真樹子(彼女の結婚披露宴で耕一郎と出会った)、一人は耕一郎の結婚相手の聡子、一人は無言電話の女性。怜子と耕一郎と女性達の間で同情、羨望、嫉妬、憎しみ、執着が絡み合っていく。なんと!最後に怜子を救ったのは無言電話の女性だった。怜子と同様、私も肩から力が抜けました。怜子の涙が乾いたとき、私に清々しい風が吹きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

燃えつきるまで I lost myself when I lost him

エネルギーがいるなぁと思ってしまう作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東野ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

31歳で大失恋…自分もそうなっていたらどうなってしまっていたのだろう。
フィクションで、自分のことで無くて本当に良かった、としか思えません。
しかも別れた相手はすぐに別の女と付き合うことになる。しかも彼よりも年上、美人でもなければ若くもない。バツイチ。そして極めつけは彼女の妊娠。
やりきれないです。
主人公のどん底からの這い上がりは本当にすごいとしかいえません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示