サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

電子書籍

きわこのこと みんなのレビュー

  • まさきとしか
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

きわこのこと

紙の本きわこのこと

2015/09/09 07:22

装画はいいのですが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

徳川家康による大阪城冬の陣で外堀を埋められて実質的に大阪城は陥落したのですが、文学作品の描き方として主人公の周辺の人物や事柄を描くことで主人公の姿を描く方法がとられることがあります。
 この作品もその系統の作品なのでしょうが、タイトルとなった「きわこ(貴和子)」のことがちっとも浮かびあがってこないのはどういう訳でしょうか。
 きわこにふりまわされる義父であったり同級生であったり不倫相手であったり義理の娘といった視点で、5つの短編が描かれていくのですが、結局「きわこ」が何者であったかはわかりません。
 あるいは、「きわこ」に振り回される人々の姿も、「きわこ」が不鮮明ゆえに、何におびえているのかが見えてこないのです。

 もし、一番それらしき主題に沿っているとすれば、第一章で描かれた大龍昇でしょう。
 彼は結婚した相手が連れてきた娘「きわこ」のことが忘れられません。少女でありながら男の媚の視線を送る「きわこ」。そうやって生きるしかなかった「きわこ」を、大龍は忘れられないでいる。
 そんな彼が「きわこ」と別れて初めて「きわこ」らしい女性と出会い、共に暮らすという選択をする。
 この第一章では。大龍の目を通して「きわこ」の何がしらかが語られようとしているのは確かです。
 しかし、残念ながら、第二章以降で「きわこ」の本質に迫ることはありません。

 作者の意図として「きわこ」はどんな存在であったのでしょうか。
 物語の破たんは作者の責任であることは間違いありませんが、編集者はどのような読み方をしたのか、理解に苦しみます。
せっかく面白いシュチュエーションを拵えながら、物語が中途半端なことに編集者は気づくべきでしょう。
 「agoera」さんの装画が意味深な雰囲気を漂わせて女性の後ろ姿を描きながら、作品は彼女の本質には到底近づけていない、残念な作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示