サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

きょうだいコンプレックス みんなのレビュー

  • 岡田尊司
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

きょうだいコンプレックス

紙の本きょうだいコンプレックス

2015/11/18 07:33

きょうだいは他人?

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

三人兄弟の真ん中である。
 どんな性格かというと、本書によれば、「一番の地位を争うのではなく、一番の者に従属することで無用の摩擦を避け、分相応の分け前を堅実に確保しようとする」したたかさを持っているようだ。
 この本はそういった「生まれ順の心理」についても書かれているが、もちろんそれだけではない。「きょうだいは他人の始まり」と巷間言われているように、きょうだいゆえのコンプレックスを解明しようとした一冊である。
 私の場合も兄が優秀であったから、小学中学時代は先生にもよく比較されたものだ。今から思えば、子供を教育する立場であった先生もひどいことを言ったものだ。いくら励まそうという思いがあったにしろ、比べられることでめげる子供もいるだろうに。
 一人っ子ではないから、比べられること、あるいは愛情のかけ方がちがうことも出てくるだろう。

 本書の著者岡田尊司氏は、「「良い子」と「悪い子」を作っているのは、実は親」と説明している。「きょうだい間に差異や確執を生む要因として、生まれ順や年齢差にも増して重要な要因は、母親がその子の世話にどれほど没頭したか」だという。
 これは岡田氏の話題になった『愛着障害』とも関係してくるもので、いま「きょうだいコンプレックス」に悩んでいる人というより、まさにこれから育児を行うという人には知っておいて欲しい内容である。なぜなら、そのことがのちのちに問題を大きくさせるのであるから。

 私の場合であれば、優秀な兄と比べられてどうして生きようかと思ったかというと、兄が好きな世界には近づかなかったとなる。それはそれで正しかったのだろう。この本にはこう書かれている。
 「人間が活躍するためには、活躍の場というものが必要」だが、時に他のきょうだいがそのスペースを塞いでいることがある。スペースを空けてあげると、生き生きとするのだという。
 よく上の子が医学部に行ったから下の子もということがある。下の子にとって窮屈であることは間違いない。
 きょうだい間のさまざまな問題もそういう点を考慮していけば、避けられるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示