サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. 土の学校
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

土の学校 みんなのレビュー

  • 木村秋則, 石川拓治
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

土の学校

紙の本土の学校

2016/02/15 12:59

リンゴと世の中のアナロジー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちくわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『奇跡のリンゴ』の著者が、木村氏の語りを書籍化したもの。
人は見えるもので判断しがちで、芽や枝に注目することが多いが、その土台となる根が木の成長を左右する。化学肥料と殺虫剤が使われている木は根がしっかりしていない。だんだんと自然の姿から遠くなり、逆に化学肥料や殺虫剤がないと生きていけなくなる。
益虫と害虫も同じで、この区別は人間が作ったもの。害虫を悪だとして、全て駆逐すると、それを食べる益虫が生きられなくなる。益虫がいなくなると、少し害虫が発生しただけでも対応できなくなる。結局、化学品まみれの木は、化学品に依存することしかできななる。
人間も一緒で、昔から菌がいっぱいいる中で生活していれば、ちょっとの菌にはびくともしないが、滅菌された環境で生活している人は耐性が弱い。
「リンゴ箱と学校」でのアナロジーもすごい。リンゴと一緒で子供はひとりひとりみんな違う。その違いを尊重し、違うことを前提とした教育が望まれる。形を揃えて箱に入れるのは、その方が効率がいいからという大人の論理。形が悪いのを作ったのは生産者の責任。落ちこぼれを作るのは大人の責任。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示